シンガポール発★ DAN/アジアCCOテッド・リム氏ってこんな人、「マーケティング・マガジン」が紹介

電通イージス・ネットワーク(DAN)/アジアのチーフ・クリエーティブ・オフィサー(CCO)、テッド・リム氏

電通イージス・ネットワーク(DAN)/アジアのチーフ・クリエーティブ・オフィサー(CCO)、テッド・リム氏が、アジアの広告業界誌「マーケティング・マガジン」のインタビューに応じた。

同氏は、マレーシアの外資系広告会社に20年在籍。同社にD&AD、カンヌ、クリオ賞、ワンショー、アドフェスト、スパイクスなど数々の国際広告賞をもたらした。2013年4月に当時の電通ネットワーク・アジアにCCOとして入社し、現在はアジア全域でDANのクリエーティブを担っている。

 

『Ogilvy on Advertising』
広告業界に進むきっかけとなった
『Ogilvy on Advertising』

― なぜ広告業界に?

大学生の時に、『Ogilvy on Advertising』という本に出合ったのがきっかけ。本屋で目に留まり、一気にその場で読み切ってしまいました。

― 人に言われていやだったことは?

「(見た目が)会計士みたいだね」(笑)

― これまでにどんなドジを?

企画書を燃やしてしまいました。あれは大失敗だった。慌てて足で踏み消したけれど、カーペットと財布に穴が空いてしまいましたよ。

― 最も誇れるキャリアは?

電通ネットワーク・アジアに入社した最初の12カ月で、14もの競合プレゼンに勝利したこと!

― 仕事で悩んだミョーなことといえば?

クリエーターというと、世間では、タトゥーやいくつものピアスなんかを着けた変わり者をイメージしますよね。これについては真剣に悩みましたよ。自分には冒険が足りないんじゃないかってね(笑)。

― 刺激が足りないと感じたら?

刺激を求めて外に出ます。インスピレーションはどこにでもあるものです。

DDBワールドワイドの元会長でCCOだったBob Scarpelli氏
リム氏が師と仰ぐBob Scarpelli氏

― 尊敬する師は?

DDBワールドワイドの元会長でCCOだったBob Scarpelli氏です。彼は、偉くなるのに“ろくでなし”である必要はないってことを、証明してくれる人です。

― 並のクリエーターと優秀なクリエーター、違いはなに?

並のクリエーターは自分が優秀だと考え、優秀なクリエーターほど自分は並だと考えています。

― クリエーターであることのフラストレーションは?

今日できるベストが、明日にはそうでなくなること。

― 週末のくつろぎ方は?

読書をしたり、映画を見たり。よく笑い、よく泣くことですね。

出典:マーケティング・マガジン「クリエーティブ・キャッチアップ」
http://bit.ly/1j3D09z

広告界のレジェンド、BBHのSir John Hegarty氏(右から2番目)と
広告界のレジェンド、BBHのSir John Hegarty氏(右から2番目)と

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ