電通、第93回「ニューヨークADC賞」で「デザイン・ファーム・オブ・ザ・イヤー」ほかを受賞

第93回「ニューヨークADC賞※」の授賞式が4月7日から9日の3日間、米国フロリダ州のマイアミで行われた。

同賞では、電通が制作に関わった作品のうち、9作品が「インタラクティブ」「デザイン」「イラストレーション」「アドバタイジング」の各部門で受賞。さらに電通は、単独の広告会社として2年連続で「デザイン・ファーム・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

(以下、数字は受賞数)
・インタラクティブ部門(金賞1、銅賞2)
・デザイン部門(銀賞2、銅賞2)
・イラストレーション部門(銀賞1)
・アドバタイジング部門(銀賞1)

※世界で最も古い広告美術団体であるアート・ディレクターズ・クラブ(ADC、本部:米国ニューヨーク、1920年創立)が、毎年世界中から広告作品やグラフィックデザイン作品などを公募・審査し、部門ごとの表彰を行っている。(デザイン、フォトグラフィー、イラストレーション、プリント広告、アドバタイジング、インタラクティブ、モーションの7部門)

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0422-003721.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ