“ヴィッツをネッツでゲッツ!”

トヨタ自動車は4月21日、新型「Vitz(ヴィッツ)」のPRイベントを東京・渋谷の各所で展開した。同車は新エンジンで燃費を向上させ、デザインも一新。キャッチフレーズ「Run,こころ はずむ まいにち」の下、同日から販売を開始した。

 

マルイシティ渋谷では、キャンペーンアイコンの黄色いスニーカーを履いたダンサーやスタッフ、見学者が突然踊りだす“フラッシュモブ”パフォーマンスが行われた。ステージ上で新色ルミナスイエローのヴィッツが披露され、ゲストでモデルの中村アンさんとタレントのダンディ坂野さんが登場すると観衆から拍手喝采が起こった。

 

渋谷パルコPART1前ではゲストによるトークショーが行われ、ヴィッツと共に“黄色いスニーカー=黄色い新型ヴィッツ”を具現化した巨大な「Yellow SneaCar(スニーカー)」も披露された。おなじみの黄色い衣装を着たダンディさんは「子どもを乗せて海や山に行きたい」、中村さんは「フットワーク軽くサファリパークに行きたい」と話し、同車がネッツ店で販売されることから「ヴィッツをネッツでゲッツ!」と二人でポーズを決めた。渋谷のメーンストリートには同車を訴求するフラッグが掲げられ、SHIBUYA109でも車両展示が実施されるなど街を黄色に染めた。

イベントは、ヴィッツの軽快なフットワークをさまざまな表現で訴求する「Vitz Happy Footwork計画」の一環で、特設サイト(toyota.jp/sp/happyfootwork/)では、計画の詳細や新テレビCMが視聴できる。

 

ネッツ店では全てのランナー・ドライバーを応援することを目指し、同日から「RUN&DRIVE Netz with new balanceコラボキャンペーン」を開始。スニーカーブランドのニューバランスとネッツカラーのオリジナルコラボシューズを製作した。全国のネッツ店のキャンペーンでしか入手できない限定モデルだ。また同シューズをモチーフに、ヴィッツのオリジナルコラボカーを製作、当日はスペイン坂広場で展示された。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ