あまりにもきれい好きな「潔癖刑事(ケッペキデカ)」臨場

相棒は“コロコロ”?

日本初のネット完結型クリーニングサービス「Lenet(リネット)」を運営するホワイトプラスは4月24日、新広告キャラクターの就任記者発表会を東京・渋谷のDDD青山クロスシアターで行った。同サービスは、ネット予約により衣類を宅配便で集荷し、クリーニング後は自宅に届けるシステム。井下孝之社長は「利便性と品質、価格を追求し、会員数は既に6万人を突破した」と語り、新広告キャラクターにきれい好きで知られる、俳優の坂上忍さんを起用したことを明かした。

テレビCM「潔癖刑事、 殉職」編では、刑事役の坂上さんが犯人に撃たれ、あわや殉職?という場面で、汚れてしまったシャツが許せず、正気に戻ってリネットを紹介するというコミカルなもの。「同、 24時」編でも指紋やダイイングメッセージまでも拭き取ってしまうなど、徹底してきれい好きな刑事を演じている。決めぜりふは、シャツをさっそうと脱ぎ捨てながらの「さぁ、クリーニングの時間だぜ」。

ステージでは、井下社長から坂上さんにキャラクターの任命証が授与され固い握手が交わされた。拳銃の代わりに掃除道具の“コロコロ”を装着した坂上さんは「半端なきれい好きに、この役は任せられない」と決意を述べ、ほぼ30年ぶりのCM出演と楽しい内容に「とても気分が高揚した」と話した。また自宅周辺のクリーニング店を探した経験から「実はリネットが一番近い“店”だと気付いた」とPRした。CMは4月25日から順次放送され、公式サイトlenet.jp/keppeki/)で視聴可能。潔癖刑事の今後の活躍に期待が高まる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ