浴場設計技師「ルシウス」

時空を超えてコラボ広告に登場

朝日新聞社は、映画「テルマエ・ロマエⅡ」公開初日の4月26日付紙面で、主人公のルシウスを使ったコラボレーション広告を多数掲載した。

「テルマエ・ロマエ」は、古代ローマ帝国の浴場設計技師・ルシウスが現代日本にタイムスリップし、風呂を巡って冒険を繰り広げるストーリーで、ヤマザキマリさんの人気コ ミックが原作。2012年に1作目が映画化され大ヒット、ルシウス役の阿部寛さんが第36回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞。今回はその続編で “よい風呂の日”の公開となった。

 

紙面では同映画製作委員会をトップに、ジャパンゲートウェイ、つみき(フィルマークス)、ジョンソン・エンド・ジョンソン、大江戸温泉物語、ロフト、メガネスーパー、ネクスト、TOTOがそれぞれ全ページカラーで協賛。商品やサービスとルシウスを組み合わせたビジュアルを大きく使い、映画のせりふのようなキャッチコピーでコラボ広告を展開した。
またテレビ面では、同日に前作を放送したフジテレビジョンと黄色い湯桶で有名なケロリン(内外薬品)が変型広告を掲載した。29日(よい肉の日)には、同様に同委員会と伊藤ハムが全ページカラー広告を掲載した。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ