「アジアサッカーマネジメントセミナー」

キックオフ!

 

電通は、FIFA(国際サッカー連盟)マスター運営教育研究機関のCIES(スポーツ研究国際センター)と連携し、アジアにおけるサッカーの活性化を目指す「アジアサッカーマネジメントセミナー」を共同展開していくことで合意。5月9日にキックオフとして第1回セミナー「アジアサッカーの未来」を東京・汐留の電通ホールで開催した。

   
 
大井部長(電通)
 
   
 
杉原氏(FIFAコンサルタント)
 
   
 
ベルトーニ氏(EPFL)
 

CIESは1995年にFIFAが中心となり、スイスのヌーシャテル大学や同州・同市と設立したスポーツの国際研究機関で、スポーツ学の修士号であるFIFA マスターのプログラムを運営。スポーツ関連修士プログラムのランキング調査では、2012、13年の2年連続で欧州における最も優れたプログラムとの評価を得ている。

同セミナーは、サッカー文化の振興やビジネスに関心のある国内外の社会人や学生を対象にしたセミナー事業を推進し、アジアで高まっているサッカービジネス市場の発展に寄与することを目的にしている。当日は、JFA(日本サッカー協会)やJリーグ、スポンサー、メディアなどの関係者、スポーツマーケティングを学ぶ学生ら約700人が参加した。

冒頭、電通スポーツ局の大井義洋部長は、中国をはじめとした成長著しいアジアのサッカービジネスについて、具体的に実例を示しながら説明。ゲストには3人のFIFA マスター卒業生が招かれ、それぞれの立場から講演を行った。FIFAコンサルタントの杉原海太氏は、アジアサッカー連盟(AFC)で8年間業務に携わった経験からアジア各地域のリーグの実情について講演。欧州プロサッカーリーグ連盟(EPFL)のジャイール・ベルトーニ氏は、欧州リーグの成功例を元にアジアサッカー界への提言を行った。元サッカー日本代表でJFA国際委員やJリーグ特任理事を務める宮本恒靖氏は、FIFA マスターで学んだことを紹介し、選手としての視点を交えながら日本がアジアサッカー界で果たすべき役割について語った。

電通・CIESでは今後も同様のセミナーを継続して開催する予定だ。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ