カザフスタンの広告会社グループ「フィフティー・フォー・メディア社」の株式51%を取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、カザフスタンの広告会社グループ「Fifty Four Media LLP」の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大して完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、同社株主と合意した。

なお、カザフスタン関係当局による競争法上の承認を得るため、取得完了は2~3カ月先となる。

フィフティー・フォー・メディア社は2011年設立のベンチャー企業ではあるものの、現在ではカザフスタンのデジタル・メディアやOOHを含むメディア広告市場で13%程度のシェアを有し、独立系では最大規模の会社に急成長している。傘下に、Ex-TV Media Central Asia LLP(メディア・バイイング会社)、Quattro Media Advertising LLP(広告会社、以下「クアトロ社」)とTFF-Central Asia LLP(広告会社、以下「TFF社」)の3社を保有している。

これまで電通グループのカザフスタンにおけるメディア領域のサービスは、メディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)がTFF社と、同様に、Vizeum(ビジウム)がクアトロ社と提携してきたが、CIS地域での成長戦略を加速するため、フィフティー・フォー・メディア社を買収した。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0514-003731.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ