電通とNEC、東京都交通局が協業し、駅ホーム上でデジタルサイネージによる広告事業を開始

電通とNEC、東京都交通局は、駅ホーム上のデジタルサイネージによる広告事業を5月26日から開始する。

この事業は、都営大江戸線・六本木駅の上下線ホーム上の柱12本に各2面、計24面の65インチ縦型のデジタルサイネージ(通称「六本木ホームビジョン」)を設置し、NECの「情報・コンテンツ配信クラウドサービス」を活用し、広告を配信する。電通は、広告販売、広告配信の運用・管理、コンテンツ制作を担当する。

六本木ホームビジョンのメディアとしての魅力は、乗客が電車待ちをする駅ホーム上に設置されるため、より長い時間の広告接触が見込まれることにある。加えて、ジェスチャーでの操作を可能にするシステムや、音声センサーなどを活用したインタラクティブな広告表現、個人のスマートフォンとデジタルサイネージの連携など、新しいコミュニケーション手法を検討・実験する場としての活用も可能となる。

電通とNEC、東京都交通局は、六本木駅での検証を踏まえた上で、今後の事業展開について検討する。

5月26日から広告素材を放映予定  ※合成イメージ ©DENTSU INC.

 

電通ニュースリリース

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0521-003735.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ