電通、ピンタレスト・ジャパンと業務提携

日本における戦略的パートナーとして「Pinterest」の発展を支援

電通は、ビジュアルベースのインタレストグラフサービスを提供するピンタレスト・ジャパン(以下、ピンタレスト)と、日本における戦略的パートナーとしての業務提携契約を締結した。

ピンタレストが提供するインタレストグラフサービス「Pinterest」は、ユーザーがインターネット上で見つけた画像・動画や手持ちのデータをスクラップブックのようにコレクションして共有するツールで、そこからインスピレーションを受けたり、新たな発見ができる。

2010年に米国でリリースされたこのサービスは、スマートフォンユーザーを中心に瞬く間に世界に広がり、2013年10月に日本法人を設立、日本語でのサービスも開始された。

電通はピンタレストの戦略的パートナーとして同社の事業拡大に向けた日本市場インサイトおよび戦略に関するコンサルティングを行うとともに、日本における「Pinterest」の活性化に向けた啓発活動やPR活動を支援する。

また電通は、広告主や媒体社に対して「Pinterest」を活用した戦略的なマーケティング活動を提案していくとともに、「Pinterest」利用者に対して新たなコミュニケーションの創造と価値の提供を行う。

【Pinterestの概要】
Pinterestは、ユーザーの興味のあることに関する発見をサポートし、生活にインスピレーションを提供するインタレストグラフサービス。ユーザーは、インターネット上や手持ちのデータから、興味のある画像や動画を収集し、Pinterest上のボードに「Pin(ピン)」する=貼り付けることができる。他のユーザーやボードを「フォロー」する機能もあり、ユーザーの「興味」を軸にコミュニケーションが図れる。世界で月間利用者数6,000万人以上(comScore調べ 2014年1月)、企業による活用も活性化している。

主な機能
Pin(ピン): 興味を持った画像や動画を収集し、貼り付けること
RePin(リピン): Pinterest上で他のユーザーのピンを再びピンすること
ボード: ピンを趣味や興味などのテーマでコレクションするグループ
フォロー: Pinterest上のボードやユーザーをリスト登録すること

 

「Pinterest」ウェブサイト
http://www.pinterest.com/

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0522-003736.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ