FIFA ワールドカップ
 
4カ国意識調査

あなたの予想は?

ビデオリサーチは、6月に開幕する2014 FIFAワールドカップ ブラジル大会について、日本を含む4カ国で意識調査を実施、5月22日に結果を発表した。

対象国は「日本」と、予選リーグで日本と同グループの「ギリシャ」、開催国「ブラジル」、ブラジルに次ぐ優勝回数を誇る「イタリア」で、各国民が今大会をどうとらえているかを調査した。

調査対象

 

1.自国代表の成績予想

自国代表の成績予想

 

日本とギリシャでは、両国民とも自国代表はベスト16どまりとの予想が最も多かった。予選を突破しても、決勝トーナメントの初戦でイタリアのいるグループの上位2チームとの対戦になるため、これを勝ち抜くのは難しいと考えているようだ。

強豪国のイタリアでは今回の代表に対する眼が厳しく、ベスト8までとする予想が4割と最多だ。ベスト8での対戦国がAグループ1位候補のブラジルかBグループ候補1位のスペインと予想されるのが原因か。
ブラジルは、W杯史上最多の5回の優勝実績と地元での開催もあって7割を超える人が優勝すると答えている。

2.各国民の優勝国予想

各国民の優勝国予想

4カ国全てでブラジルが優勝とした人が最多だった。また、いずれの国もトップ3までにスペインを挙げていることから、多くが決勝はブラジル対スペインと予想しているようだ

3.得点王予想

得点王予想

どの国民もトップ3にメッシ選手(アルゼンチン代表)を挙げた。
次いでクリスティアーノ・ロナウド選手(ポルトガル代表)やブラジルのエース・ネイマール選手が得点王候補になっている。この他、予選8グループの中で一番ラッキーだと思うグループや、予選突破の可能性について調査した結果も発表された。
詳細は同社サイト(http://www.videor.co.jp/press/2014/140522.htm)で閲覧できる

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ