在庫のいらないECプラットフォーム「Dentsu EC station」サービス開始。

電通は6月16日、キャラクターグッズなどのECを行いたい事業者向けにECプラットフォーム「Dentsu EC station」のサービスを開始する。2012年10月から展開していたエンターテインメントグッズなどのオンデマンドサービス「endema(エンデマ)」の経験・知見を活用し、発展を図る。

昨今、自社コンテンツの活用策としてグッズを販売することが一般化しているが、ECサイトでの展開となると在庫管理やサイト運営、在庫リスクや運営スタッフの手配など、手軽には取り組みにくい現状がある。そこで、電通はこれらの様々な手間やコストを大幅に軽減するECプラットフォーム「Dentsu EC station」を開発。ユーザー対応、商品発送など運営を一括サポートし、さらにオンデマンド印刷による「商品在庫不要」も可能にする。

ECプラットフォーム「Dentsu EC station」主な概要は以下のとおり。

【ECプラットフォーム「Dentsu EC station」の概要】

■「いーしくみ1」 オリジナルECサイトの構築から運営を一括サポート

サーバー、ドメイン、決済機能など基本的なECサイトの構築と、ストア運営、事務局対応、配送センター業務を一括で受注。その結果、手間無し、低コスト、短時間での開店が可能。
さらに、本格的な自社サイト構築に向けた短期間の「トライアルショップ/アンテナショップ」や、キャンペーンと連動した「期間限定ショップ/期間限定販売」「会員限定販売」などにも柔軟に対応する。

■「いーしくみ2」 “在庫不要”の受注生産型インフラをご提供

オンデマンドプリントによる受注生産型インフラで、スマートフォンカバー、Tシャツ、タオル、ドリンクウェアなど、多種多様なグッズが「在庫なし」で販売可能。さらに、「数量限定/期間限定販売」や「1点モノ」にも対応。「在庫品」がある場合は、預って販売することもできる。
「ECサイトは自前であるけど、オンデマンド生産だけやってほしい」という場合でも、既存のECサイトとも連携可能な「オンデマンド受注生産管理モジュール」で対応できる。

■「いーしくみ3」 オリジナルデザイン編集システムをご提供

購入者が自由にデザインアレンジしたオリジナル商品を制作・購入可能。
サイト上に「画像/テキスト編集システム」を組み込むことで、決まったデザインに加え、名前を入れたり、お気に入りの写真を使った「1点モノ」のオリジナルグッズもオンデマンドで提供できる。プレゼントキャンペーンやイベントグッズとしてもご利用頂け、コンテンツの利用ガイドラインのチェックも行う。

【Dentsu EC station ウェブサイト】 http://www.decstation.jp/

本サービスを活用した第1弾「Pontaグッズファクトリー」(http://ponta.decstation.jp/)が6月16日にオープンする。iPhoneカバーや、キッズTシャツ、ゴムスタンプなど、デザインアレンジや名前が入れられるグッズを販売する。

▼推奨ブラウザ: Firefox24.0、iOS7.0.4 Safari、Chrome 31.0.1650.63m、IE10以上
※IE8で閲覧する場合、上手く表示されない可能性があります。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ