日本初の4Kテレビ放送「Channel 4K」がスタート

 

次世代放送推進フォーラム(NexTV-F)は6月2日、日本初の4Kテレビ放送(試験放送)を開始した。名称は「Channel 4K」。現行ハイビジョン放送の4倍の高精細で豊かな表現力を持つ。当初は1日6時間程度(基本は午後1~7時)、NexTV-F加盟放送局各社が制作した番組(音楽ライブ、紀行、スポーツ番組など)を中心に高画質番組を編成。受信機の普及に合わせ、段階的に編成・放送内容を拡充していく。放送基盤は東経124/128度CSデジタル放送でチャンネル番号は502。
受信するには①4K放送に対応したテレビ ②ハイスピードHDMIケーブル ③今後発売予定の4K対応受信機とスカパー!ICカード ④124/128度デジタル放送対応アンテナを必要とする。

あいさつに立つ渡辺名誉会長  
あいさつに立つ渡辺名誉会長
 

放送開始に合わせ、内幸町の帝国ホテル東京で行われたセレモニーでは、渡辺捷昭名誉会長(トヨタ自動車相談役)が「総務省の検討会で策定されたロードマップの目標に沿った形で4Kの試験放送を開始する。引き続き関係者が一致協力して取り組み、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの際には全国の方々が4K・8Kの映像でご覧いただけるよう進めていきたい」とあいさつ。上川陽子総務副大臣は「総務省では日本経済の再生、国際競争力の強化に向けた成長戦略の一つとして4K・8Kの早期実現を推進してきた。4K放送が家庭で視聴可能となるのは世界で初めてと聞く。今後は2016年までに4Kの本放送の実現、8Kの試験放送開始を目標に取り組みを進めたい」と語った。

続いて登壇したNexTV-Fの須藤修理事長は「4K・8Kは放送やVODという家庭向けサービスはもちろん、さまざまな産業、公的なサービスの高度化に役立つ、日本が優位性を持つテクノロジーだ」と述べ、放送概要を説明した。

  左から須藤、上川、谷村、渡辺の各氏
 
左から須藤、上川、谷村、渡辺の各氏

放送開始の午後1時のカウントダウンは、渡辺名誉会長、上川副大臣、須藤理事長に、ゲストとして歌手の谷村新司さんが加わりスタートを祝った。会場には日本で4K対応テレビを販売している5社が最新テレビを設置。「アリス コンサート ツアー 2013 ~It’s a time」など、放送開始記念番組を受信・上映した。

NexTV-Fは2013年5月、NHK、民放キー局、有料衛星放送事業者、家電メーカー、通信事業者、商社などをメンバーとして設立。電通も設立時から参画している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ