台湾発★NIPPONの「カワイイ」発信!Tokyo Crazy Kawaii開催

日本の「カワイイ」文化を発信するイベント「Tokyo Crazy Kawaii」が台北で9月に開催されることが決まった。昨年のフランス・パリでの開催に次ぐ海外2カ所目、アジアでは初となる。アジアの経済情報を配信するNNAが伝えた。

イベントは9月12~14日、台北市の花博公園「争艶館」で開かれる。台湾が開催地に選ばれたのは、親日的な点やアジアのハブ地域としての潜在力の高さだ。20~30代の男女がターゲットだが、パリでの開催時は家族連れなども多く訪れ、来場者数は3日間で延べ2万人に達した。台湾ではパリを大きく上回る6万人の来場が見込まれている。
主催者は、イベントの運営などを手掛けるAATJを中心としたTokyo Crazy Kawaii実行委員会。会場を「渋谷」「原宿」「秋葉原」「築地」「浅草」「日本」の6エリアに分け、各地の象徴的な建築物の再現や名産品の紹介などを行う他、ライブステージも設ける。日本エリアには企業の他、地方自治体も出展する予定。東日本大震災での台湾からの支援への感謝を伝えるチャリティー企画なども行うという。

Tokyo Crazy Kawaiiは今後、日本の文化や習慣に関心が高く、周辺地域を巻き込む影響力を持つ米ニューヨークなどでの開催を検討している。

Tokyo Crazy Kawaii
パリで昨年9月に開催されたイベントの様子。
スペインやイタリアなど周辺国からも多くの人が訪れた
(AATJ提供)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ