グローバル★D&AD賞で「Sound of Honda /
Ayrton Senna 1989」が最多受賞

国際的な広告賞「D&AD賞」の授賞式が5月22日、英ロンドンで開催された。43カ国・地域680作品の中から、電通制作「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」(本田技研工業)を含む7作品が最高賞に当たるブラック・ペンシルを受賞した。

卓越したクリエーティブ作品に贈られるイエロー・ペンシルの中から、その分野で革新的な水準に達すると認められた作品が選ばれるブラック・ペンシルだが、7作品は過去最高数。過去には該当作品なしの年もあるなど、D&AD賞は審査の厳しさでも知られる。今年は、世界規模の社会問題を解決する力に授けられるホワイト・ペンシル2作品が、同時にブラック・ペンシルに輝いたことも時代の象徴として注目された。

「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」は、伝説的ドライバーの故アイルトン・セナが89年のF1日本グランプリ予選で樹立した世界最速ラップ(当時)の軌跡を、エンジン音とコース上に設置したLEDライトでよみがえらせたプロジェクト。走行データから再現された音と光による幻想的で壮大なインスタレーションは、テクノロジーとクリエーティブを高い水準で融合させ、Crafts for Advertising部門のブラック・ペンシルに加えて他1部門の計二つのイエロー・ペンシルを獲得、今年の最多受賞となった。また電通も「デジタル・エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」に顕彰された。

D&AD 公式サイト http://bit.ly/TQNRyG
 
© Honda Motor Co.,Ltd. and its subsidiaries and affiliates.「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」
© Honda Motor Co.,Ltd. and its subsidiaries and affiliates.「Sound of Honda/Ayrton Senna 1989」

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ