電通テックが登山者向け土産グッズ開発でライセンスビジネスを展開

電通テックは、クリエーターの企画力とデザイン力を生かして、登山者に向けた土産品を中心とするグッズを開発し、新たなライセンスビジネスを展開する。

yamasanka
新ブランド「Yamasanka」ロゴマーク

昨今の若年層の登山ブームなどを背景に、「山っていいね、を分かち合う。」をコンセプトとするブランド「Yamasanka(ヤマサンカ)」を立ち上げ、主に若年層の登山者向けの土産グッズを開発する。商品開発に当たっては、同社クリエーターが企画およびデザインの全てを担当。製造・販売は株式会社エイコーと提携し、本年4 月末から立山黒部や乗鞍岳など北アルプスを中心とした土産物店、ホテルなどでの販売を開始した。従来品にはないモチーフをかわいいイラストで表現したピンズや、山の衛星写真をプリントした百名山ハンカチ、標高と頂の緯度・経度の数字をプリントした頂点T シャツなど、ファッショナブルでユニークな商品をラインアップしている。今後はアイテムの充実と販売店の拡大を図り、ロイヤリティー収益の向上を目指す。

yamasanka
ピンズ
 
yamasanka
百名山ハンカチ
 

商品の詳細はこちら。http://www.dentsutec.co.jp/Yamasanka/

電通テック ニュースリリースhttp://www.dentsutec.co.jp/news/2014/r0616.pdf

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ