虎ノ門ヒルズ開業で

「トラのもん」大活躍!

 

東京の新しいランドマーク「虎ノ門ヒルズ」が6月11日開業した。

新キャラクターは、100年後からやってきたネコ型ビジネスロボット「トラのもん」が務めている。“みんなと一緒にワクワクできる東京「Mirai Tokyo」をつくるためにやってきた”という設定で、“世の中をイノベーションしてたくさんのアイデアをかたちにする”のが役割で、藤子プロが監修・許諾した。体は真っ白で耳があり、頭と胴体、しっぽには虎ノ門ヒルズのロゴマークをイメージした模様がある。どうやら性別はオスで、ドラえもんと同じ工場で作られ、4次元ポケットも備えているらしい。

©藤子プロ
©森ビル 
 

開業に先立ち、駅貼りポスターなどのティザー広告でドラえもんと共演し、期待感をあおった。オープン前日から中央5紙に全ページカラー見開きを掲載、テレビスポットも放送開始し、注目を浴びている。

©藤子プロ
©森ビル 
 

テレビCM「プレゼンテーション」編では、世界中のビジネスマンが集う国際会議のステージにトラのもんが登場しプレゼンテーションを始める。ひみつ道具で植物の成長を早めるパフォーマンスに驚く聴衆。虎ノ門ヒルズの模型にひみつ道具を使うと、そこには未来の東京の様子が出現する。国際ビジネスの中心地として、イノベーションの発信地として、進化していく東京を予感させる内容だ。その他、デジタルサイネージやトレインチャンネルを使い同所をPRした。

虎ノ門ヒルズ2階アトリウムで、トラのもんに会える
虎ノ門ヒルズ2階アトリウムで、トラのもんに会える
 

森ビルの公式You Tubeチャンネル(youtube.com/user/MORINOW)ではCMの他、トラのもんが登場する動画が視聴できる。

虎ノ門ヒルズサイト:totranomonhills.com/ja

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ