日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会が「ソーシャルメディア公式アカウント担当者のためのスターターキット」を発表

日本アドバタイザーズ協会Web広告研究会は6月19日、「ソーシャルメディア公式アカウント担当者のためのスターターキット」を発表した。

導入時から運用、リスク対策、社内啓発まで、それぞれのタイミングで用意しておいた方がよい14のドキュメントと、その用途などについて解説。また「ソーシャルメディアアカウント利用申請書」「想定問答集」「対応基準表」「投稿カレンダー」をひな形として収録している。

同研究会は、ソーシャルメディアアカウント担当者の課題を解決し、よりスムーズな運営を行えるようにと今年、運営ガイドワーキンググループを設置。これまでのノウハウの集大成として同キットを作成した。

同キットの活用で、企業と顧客、企業内の担当者と関係部署がより強い信頼関係を築くことができるものとし、広く公開している。

Web広告研究会のサイトで自由にダウンロードすることができる。

https://www.wab.ne.jp/wab_sites/uploaders/982

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ