カンヌ速報6★チタニウム部門で電通「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」がグランプリ獲得! チタニウム、インテグレーテッド、フィルム、グランプリ・フォー・グッド部門等 グランプリ発表

カンヌライオンズ最終日となった6月21日、チタニウム/インテグレーテッド、フィルム、フィルムクラフト、イノベーション、ブランデッドコンテンツ&エンターテインメント、グランプリ・フォー・グッド部門のアワードが発表された。

チタニウム / インテグレーテッド部門

カンヌライオンズの最高峰ともいわれるチタニウム部門のグランプリは、電通の「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」(本田技研工業)が獲得。伝説的ドライバーの故アイルトン・セナが89年のF1日本グランプリ予選で樹立した世界最速ラップ(当時)の軌跡を走行データより再現、エンジン音とコース上に設置したLEDライトでよみがえらせた壮大なプロジェクト。データを心揺さぶるものに変容させ過去を未来につなげた、新たな地平を切り開くアイデアとして評価された。プロジェクトを手掛けた菅野薫氏は「業界に新しい表現の可能性を提示したことを評価するチタニウム部門でグランプリを受賞でき、日本から広告の全く新しい未来を提言することができた。非常にうれしいです」と語った。すでに北米国際オートショーやD&AD賞などで最高賞を受賞している。

インテグレーテッド部門のグランプリは英国の高級百貨店Harvey Nichols「Sorry I Spent it on Myself」(Adam & Eve DDB制作)で、プロモ&アクティベーション、プレス、フィルムと合わせて4個のグランプリ獲得となった。

グランプリ作品はこちらでご覧いただけます → http://bit.ly/1p84Rys
Ad Age 
'Sound of Honda' Snags Titanium Prize, Harvey Nichols' Cheap Gifts Campaign Wins Integrated

 

フィルム部門

グランプリは2作品で、一つ目はボルボ・トラック「The Epic Split」(Forsman & Bodenfors, Gothenburg制作)。サイバー部門に続き2個目のグランプリ受賞。
2つ目は、Harvey Nichols「Sorry I Spent it on Myself」(Adam & Eve DDB制作)。

電通制作「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」(本田技研工業)がゴールド、「Life is not a marathon.」(リクルート)がブロンズを獲得した。
電通イージス・ネットワークでは、Carat San Francisco がBBH New Yorkと共同制作したSony「Perfect Day」がゴールド、Carat LondonがAMV BBDO, Londonと共同制作したGuinness「Sapeurs」がシルバー、Vizeum LondonがAMV BBDO, Londonと共同制作したSainsbury's Supermarket「Christmas in a Day」とCarat San Francisco がBBH New Yorkと共同制作したSony「Greatness Awaits」の2作品がブロンズを獲得した。

グランプリ作品はこちらでご覧いただけます → http://bit.ly/1ps4R8r
Ad Age 
Harvey Nichols, Volvo Win Film Grand Prix at Cannes Lions

 

フィルムクラフト部門

グランプリ該当作品なし。
電通イージス・ネットワークでは、mcgarrybowen, London制作Honda「Honda Illusions」がゴールドとブロンズ、Carat San Francisco がBBH New Yorkと共同制作したSony「Perfect Day」がシルバーとブロンズ、Carat LondonがAMV BBDO, Londonと共同制作したGuinness「Sapeurs」がブロンズ3個、Carat New YorkがWieden+Kennedy Portlandと共同制作したConsumer Packaged Goods「Pick Them Back Up」がブロンズと、大量の受賞となった。

イノベーション部門

 

メガフォン

グランプリはJSC MegaFon「Megafaces Pavilion at the Sochi 2014 Winter Olympic Games」(MegaFon, Moscow制作)。ロシアの携帯通信会社MegaFonがソチオリンピック会場で設置したパビリオン。パビリオン近隣やロシア全国30カ所に設置された写真ブースで自分撮りをすると、パビリオン壁面に巨大な3Dイメージで表示される。先進的なテクノロジーがデジタルとリアルを融合させたショーケースとして評価された。

電通イージス・ネットワークのAgenciaclick isobar, Sao Paolo制作のFiat「Fiat Live Store」がグランプリに次ぐイノベーションライオンを獲得した。

グランプリ作品はこちらでご覧いただけます → http://bit.ly/1qrRPsQ
Ad Age 
Top Prize in Innovation Goes To MegaFon's Pavilion in Sochi

 

ブランデッドコンテンツ&エンターテインメント部門

グランプリ該当作品なし。
電通制作「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」(本田技研工業)がシルバー、電通イージス・ネットワーク傘下Carat LondonがAMV BBDO, Londonと共同制作したGuinness「Sapeurs Documentary」がブロンズ2個を受賞した。

 

グランプリ・フォー・グッド

 

グランプリはTerre des Hommes「Sweetie」(LEMZ, Amsterdam制作)。開発途上国の子どもたちがウェブカメラの前で性的行為を要求される「セックスツーリズム」は広がりを見せており、犯罪者は75 万に上るといわれる。国際児童保護NGO「Terre de Hommes」はその摘発を目的に、CGで架空の10歳のフィリピン少女を開発。おとりとしてネット上で性的犯罪者たちと接触させ、71カ国1000人の 検挙につながった。

グランプリ作品はこちらでご覧いただけます → http://bit.ly/1l2wGjp
Creativity 
Anti-Paedophilia Campaign 'Sweetie' Used 3D Avatar of Child to Catch Offenders

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ