ブラジルで「JAPANESE RESTAURANT WEEK」が開幕!

リオ、サンパウロなどの日本食レストラン30店舗が参加し、独自のスペシャルプログラムで日本食をアピール

2014年6月24日に、ブラジルで日本食の認知度向上を図る「JAPANESE RESTAURANT WEEK」が開幕した。同プログラムは、リオデジャネイロ市内Parque da Bolaで6月12日から1カ月にわたり実施している「JAPAN OMOTENASHI PAVILION(※1)」(主催:ジャパンプレゼンテーション2014実行委員会)と連携し、リオデジャネイロ、サンパウロなどの日本食レストラン30店舗が6月24日から7月13日までさまざまな日本食のスペシャル料理やスペシャルプログラムなど、日本文化のより深い理解をプロモーションしていく。

吉川農水副大臣、ミス日本酒、来賓による鏡開き

初日に、JAPAN OMOTENASHI PAVILIONで開催されたオープニングセレモニーでは、吉川貴盛農水副大臣らによる日本式の鏡開きが行われ、会場を訪れた150人のゲストが日本食と日本酒を堪能した。続いて、メーンステージでは人気クリエーター・八王子PによるVOCALOIDライブが行われ、地元リオ在住の日本オタク文化好きな若者たちが集まり、その演奏に酔いしれた。

日本料理に舌鼓を打つ地元リオっ子たち
人気クリエーター・八王子Pのパフォーマンス
 
(※1)「JAPAN OMOTENASHI PAVILION」とは、ジャパンプレゼンテーション2014実行委員会が、日本食の提供や、浴衣や和太鼓などの日本の祭り文化、8Kテレビ放送、アニメコミックやJPOPの紹介、ボーカロイドを活用した DJイベントなど、日本の魅力を多角的に発信していくOMOTENASHIホスピタリティプログラム。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ