US発★アマゾン初のスマホ発売へ オンライン通販との連携図る

アマゾン初のスマートフォン「ファイアフォン」が、7月25日に発売される。商品や書籍、音楽などを認識しオンラインでの購入などにリンクする機能や、ジェスチャー操作に対応する3Dスクリーンが最大の特徴だ。通信会社はAT&Tだけで、2年契約で32ギガバイトモデルが199ドル、64ギガバイトモデルが299ドル。

「Dynamic Perspective」と呼ばれる機能では、デバイス前面の四隅に設けられたカメラセンサーにより立体的で奥行きのある画面表示を実現。デバイスの動きや向きを常時認識し、画像を自動的に補正する。ゲームや地図アプリなど活躍の場面は多そうだ。またジェスチャー操作機能も充実しており、左右に傾けたり回転させることによって詳細情報やナビゲーションを表示したり、前後に傾けてページをスクロールするなど、スクリーンに触れることなく片手で多くの操作ができる。

「Firefly」は特に世界最大手通販・アマゾンらしい機能だ。食品や洗剤などの日用品や書籍などにデバイスをかざすことで商品を認識、アマゾンのオンライン通販サイトに即座にリンクさせる。さらに音楽やテレビ番組、映画など1億アイテム以上が認識可能で、作品などをダウンロードしたり情報確認ができる。また、印刷物に表記されたメールアドレスや電話番号などの情報も文字入力の手間なしで取り込める。

カメラ機能についてもiPhoneなど競合デバイスに比べ高性能であることをアピール、クラウドサービスで画像データを無制限に保存可能とするなど力を入れている。その他、アマゾンの有料会員サービスである「アマゾンプライム」の年会費が1年間無料になる特典もある。

ファイアフォンがユーザーの支持を獲得するにはアプリの充実が必須だ。6月、アマゾンはタブレットのキンドルファイアシリーズ向けのアプリが24万点に達したと発表したが、アップルやグーグルの各120万点超にははるかに及ばない。ファイアフォン発売を目前に、新規開発されたアプリに対して1000インプレッション毎に6ドルが支払われるインセンティブプログラムを打ち出すなど、開発の誘引に注力するもようだ。

ファイアフォンの価格は大方の予想を裏切り強気の設定だが、ジェフ・ベゾスCEOは同商品の登場は「モバイルにおけるルネサンス」であると自信をにじませる。また目的はスマートフォンを作ることではなく、アマゾンプライムの会員に対して最高のサービスを提供することだとも強調する。オンライン通販と一体型のビジネスモデルが、熾烈を極めるモバイル市場で強みを発揮するか注目される。

出典 Ad Age
Amazon Lures Developers to Fire Phone With Guaranteed Ad Rates
http://bit.ly/1lTSu6Y

 

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ