W杯中継「日本対ギリシャ」が過去最高の16万アクセスを記録

好調ラジコ、「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」会員数は10万人突破!

 

ラジオ放送のIPサイマルサービスを提供するradikoは7月14日、「radiko.jp」で全国各地の番組をエリアを問わず聴取できる有料サービス「radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)」の会員数が、4月1日開始から7月11日までの約3カ月で10万人に達したと発表した。

同サービスによる聴取可能局は現在62局。10万人到達について同社は「配信エリアの枠を超えてラジオを聴きたい」というユーザーの需要が予想以上に大きかったと見ている。

また、6月20日の民放ラジオ59局による「2014  FIFA ワールドカップ実況中継 日本対ギリシャ」(午前6時40分~同9時10分)では、午前8時台に「radiko.jp」全体の瞬間アクセス数が16万2000と、過去最高を記録したことを明らかにした。試合は朝の通勤・通学時に当たり、全ユーザーのうち86%がスマートフォンで聴取。アクセス数アップの要因として、番組自体の注目度に加え、番組開始前後や放送中のSNSによる話題の拡散が大きく影響したと見ている。ツイートには「ラジコで日本戦が聴ける」「ラジコでニッポン応援中」「ラジコがあってよかった」といったコメントが多くあったという。

radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)聴取可能局

 

radiko.jpプレミアム(エリアフリー聴取)の特徴

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ