電通、テレビ朝日、ホイチョイ・プロダクション、トルク社の4社共同でテレビ番組の世界観と連動した体験型エンタテインメント「東京上級ゲーム」プロジェクトを始動

電通は、テレビ朝日、ホイチョイ・プロダクション、トルク社と共同で、テレビ番組の世界観と連動した体験型エンタテインメントの「東京上級ゲーム」プロジェクト、および同プロジェクトを運営する製作委員会「江戸東京研究所」を立ち上げた。

「東京上級ゲーム」は7月16日から首都圏(東京都を中心とした地域)を舞台に展開する。専用の無料アプリ(※1)を対応機器にダウンロードすることで、誰でもゲームに参加できる。参加者はテレビ朝日で放送中の「東京上級デート2」で展開される古都・江戸の世界観(※2)をベースとしたストーリー上の登場人物となり、「リアル」と「ネット」のメディアに隠された「謎」解きに挑戦する。ストーリーには、テレビ番組や小説、映画、漫画、音楽、あるいは歴史上の出来事などが取り入れられている。ストーリーに込められた「謎」は、ネット上や日常生活を取り巻くメディア(テレビ、ラジオ、新聞、雑誌など)、街の商店や看板、そこで流れている音楽などあらゆるところに隠されており、参加者は住む街を実際に巡りながら謎を解き続けてゴールを目指す。

このゲームの核となるのは、ARテクノロジー(※3)とエンタテインメントを融合させた専用アプリ。ARマーカーが設定されたゲート(場所)の対象物をアプリの虫メガネツールで見ると、アプリ搭載の「謎」を語る機能が始動し、街中のあらゆるものが参加者に「謎」を語りかけてくる。

一方、このプロジェクトはメディアや企業がグループや競合関係を超えて、生活者との新しい接点づくりを模索する新たな取り組みでもある。参加者に「謎」を提示するゲートは、流通、サービス、レジャー、アミューズメント、交通、メディアなど、街に拠点を持つさまざまな企業の協力を得て設置。これらパートナー企業は、それぞれの特徴を生かした「謎」を出題するなど、主催者とともにゲームを仕掛ける立場になる。

なお、このプロジェクトでは、トルク社が専用アプリの開発、ホイチョイ・プロダクションが「謎」のプロデュース、テレビ朝日が番組提供、電通がトータルプロデュースを担う。

(※1)「謎」の閲覧の際に必要な通信費、交通費などの一部の実費を除いて、ゲーム参加費は無料。
(※2)「東京上級デート2」の世界観とは:明治政府は、徳川幕府の終わりを世に知らせるため、江戸城を皇居に変え、新しい区割りや町名を作り、人々の目から意図的に「江戸」を隠した。その後の震災や空襲で、「江戸」は完全に姿を消したかに思えた。だが、今も東京には、江戸以来の店や建物が息をひそめてたたずんでいる。番組のヒロイン・史子とともに、東京の下に隠された古都・江戸を訪ねるという設定の世界観。
(※3)ARテクノロジーとは:AR(拡張現実):英語表記はAugmented Reality。コンピューターまたは携帯端末を利用して現実環境にデジタルの情報を付加する技術、または情報を付加した環境そのものを指す。

■「東京上級ゲーム」の概要
1.番組
・「東京上級ゲーム」は、テレビ朝日で毎週水曜日に放送中の「東京上級デート2」の世界観をベースに首都圏を舞台に展開。
※毎週水曜日 深夜1時41分~ (7月23日の放送は深夜2時5分~)
※番組放送時間は、状況により変更する可能性もある
・毎回注目の若手女優らが歴女のヒロインを演じ、東京に残された江戸の足跡をたどりながら「歴史をひも解くデート」を展開する。

2.ゲームの詳細およびアプリダウンロード先
http://www.tv-asahi.co.jp/tokyopreciousdating/game/
アプリは7月16日からダウンロードが可能で、ゲームも同日に開始される。なお、アプリの使用期限は8月24日になる。

3.推奨環境
スマートフォン(iPhone / Android)に対応。
・iOS6.0以上(iPhone 4S以上)
・Android OS 4.0以上(動作確認機種:Galaxy Nexus / Galaxy S3 / Galaxy S2 / Xperia GX / Xperia A / AQUOS PHONE SH-09D)
※フィーチャーフォン(au / docomo / Softbank)は未対応。

4.ご利用上の注意点
「東京上級ゲーム」は無料アプリだが、利用の際には通信キャリアが定める通信料が発生する。

 

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0716-003783.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ