インド最大のOOH専門の広告会社「マイルストーン社」の株式51%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、インド最大のOOH(屋外/交通広告)専門の広告会社「Milestone Brandcom Pvt. Ltd」(本社:ムンバイ市、以下「マイルストーン社」)の株式51%の取得と、今後段階的にシェアを拡大し完全子会社化するオプションを電通グループが有することにつき、同社株主と合意した。
なお、インド関係当局による競争法上の承認を得るため、取得完了は1カ月先を予定している。

2009年設立のマイルストーン社は、インド全域でのビジネス展開を可能とするネットワークを保有し、業種を横断する100社以上の顧客に対して、OOHを中心とした広告コミュニケーション・サービスを提供している。同社はそのメディア・バイイングの規模のみならず、多くの業界関連賞を受賞しており、名実ともにインド最大のOOH専門の広告会社となる。

インドにおける電通グループは、ブランディングやクリエーティブ、検索連動型広告やデジタルメディア、また現在もっともスピーディな成長分野であるフィールド・マーケティングや来店・購買・推奨など実際の行動を促すアクティベーション領域において、強固なポジションを築いきた。

OOH領域においても、電通グループのPosterscope(ポスタースコープ)による従来の事業展開に加え、新たにインド最大のOOH専門の広告会社が加わったことにより、OOHメディアのバイイング・パワーにおいても、同国最大の企業グループへとなる。

電通グループのメディア・コミュニケーション・エージェンシーであるCarat(カラ)が2014年3月に発表したインドの広告費は、2013年は前年比で8.1%増だったが、OOH広告費は11.5%の成長を示し、2014年、2015年も10%前後の成長が続くと予測している。

電通ニュースリリース

http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0728-003787.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ