虎ノ門ヒルズが「ドラえもんヒルズ」に変身

壁面に巨大ドラえもんが出現

東京・港区の超高層複合タワー虎ノ門ヒルズで7月28日、ドラえもん初の3DCG映画「STAND BY MEドラえもん」(製作=同製作委員会 配給=東宝)の公開を記念した特別企画が始まった。施設名も「ドラえもんヒルズ」と銘打ち、立像やバナー、ビル壁面へのレーザー投影などさまざまな場面にドラえもんが登場している(30日まで)。

虎ノ門ヒルズのキャラクター
「トラのもん」とのツーショットの立像(展示は8月8日まで)
 
 

初日、同製作委員会が開催した「3Daysドラえもんヒルズ カウントダウン点灯式」には、ドラえもんらキャラクターが出演。のび太くんとしずかちゃんがスイッチを押すと、壁面にレーザー投影による横20メートル・縦10メートルのドラえもんが現れ、会場から拍手が起こった。

 

同映画は8月8日、原作者である藤子・F・不二雄氏の生誕80周年記念映画として全国公開される。山崎貴監督と八木竜一監督がコンビを組み、3DCGによる新たなドラえもん映画を制作。原作からエピソードを厳選、一つの物語に再構築し、ドラえもんとのび太くんの出会いから別れまでを描いている。

詳細は同サイトで。http://doraemon-3d.com/

ⓒ藤子プロ ⓒ森ビル ⓒ2014「STAND BY ME ドラえもん」製作委員会 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ