映画「るろうに剣心」京都大火編が本日公開!

ワーナー・ブラザース映画「るろうに剣心 京都大火編」が8月1日から全国映画館で公開される。

原作の「るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-」はシリーズ累計5800万部を超える大人気コミックで、2012年に初実写化され興行収入30億円以上のヒット作となった。海外からもオファーが殺到し、世界64カ国で配給、31の国際映画祭に出品という実績を持つ。今回はその続編にして完結作として2編が連続公開される。(京都大火編:8/1公開、伝説の最期編:9/13公開) 映画公式サイト:www.rurouni-kenshin.jp

そして、本作の監督で、NHKでドラマ「ハゲタカ」「白洲次郎」「龍馬伝」なども手掛けている大友啓史氏と、「龍馬伝」の宣伝を手伝ったことからつき合いが始まったという電通CDC髙崎卓馬氏(クリエーティブディレクター/ CMプランナー)が、演出方法やものづくりの姿勢について語り合った本はこちら

『電通デザイントークVol.1』
(B6変形上製、192ページ、
1,600円+税、ISBN978-4-02-100914-3)

 

また、ブックウォーカーの電子書籍レーベル【カドカワ・ミニッツブック】でも「DENTSU DESIGN TALK」シリーズの第2弾『物語と格闘せよ!』として読むことができます。詳しくはこちら

 

電子書籍はこちらから

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ