“歌って、踊って、食べるアイドル” 

ついにメジャーデビュー!

 

東洋水産は、ミュージシャン・俳優の武田鉄矢さんが本気でプロデュースする4人組のアイドルグループ「赤マルダッシュ☆」のメジャーデビューを記念して、8月13日に東京のマルイシティ渋谷の店頭プラザで発表会を行った。

「武田鉄矢プロデュースアイドルプロジェクト」は、マルちゃん「赤いきつね」「緑のたぬき」のCMキャラクターを36年間務めている武田さんの発案により、2013年8月に始まった。今までにない新しいアイドル“歌って、踊って、食べるアイドル=食べドル”を育成するもので、同社は「アイドルと食の融合を目指し、世の中に笑顔を届ける」というプロジェクトの趣旨に賛同し、スポンサーとして参画している。

同グループは、これまでにテレビCM「レッスン」編や「本気にヲタ芸」編などで武田さんと共演。商品とともに、武田プロデューサーの指導・サポートで彼女たちが成長していく姿を追った、ストーリー仕立てのシリーズCMだ。それぞれのメンバーが「赤いきつね」「緑のたぬき」「黒い豚カレー」「白い力もち」の商品担当で、“推し麺(おしめん)”と言ってくれるファンを増やすべく、歌や踊りに打ち込んでいる。

 

発表会には武田さんとメンバー4人が登場し、新CM「最後の夏」編が上映された。舞台は野球部の部室で、仲間と楽しそうにマルちゃんを食べる部員たち。高校3年生にとっては最後の夏で、そこには切ない雰囲気も漂う。そんな場面を武田さんとメンバーは天使のように目に見えない存在ながら、優しいまなざしで見守っているというストーリー。バックには、武田さんと4人の柔らかいコーラスが流れる。

 

ステージで武田さんが「赤マルダッシュ☆は、10月22日にメジャーデビューが決まりました!」とサプライズ発表すると、初耳だったメンバーは喜びの涙を流し、観覧していたファンからは声援が送られた。デビューシングル(日本コロンビア)はCMにも使われた「食べて、笑って、生きていく。」のCDバージョンで、4人は驚きの中、同曲のCMバージョンをライブで披露。武田さんは「おじさんもついていける曲で、昭和を感じさせるメロディーだ」と出来栄えに満足げな表情を見せた。また、メンバーに“贈る言葉”として「歌」の一文字を発表し「世の中の人たちに向けて歌っていって下さい、紅白を目指せ!」と激励した。

 

赤マルダッシュ☆公式サイト(maruchan.co.jp/aka-midori/idol_project/)では、メンバーのプロフィールやスケジュールの他、CMやドキュメンタリームービーが視聴できる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ