エクスペリエンシャル・マーケティング領域で市場をリードする、
南アフリカの広告会社「クリムゾン・ルーム社」の株式60%取得で合意

電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」は、エクスペリエンシャル・マーケティング領域で市場をリードする南アフリカの広告会社「Crimson Room Communications Proprietary Limited」(本社:ヨハネスブルク市、以下「クリムゾン・ルーム社」)の株式60%を同社株主から取得することで合意した。

エクスペリエンシャル・マーケティングとは、商品やサービスを実際に体験できるイベントを通して、ブランドに対する消費者の認知度・好意度を高めていくマーケティング手法。理性と情緒の両面からエンゲージメントを高めることで、好意的な口コミ(バズ)やソーシャルメディアでの拡散を促し、コミュニケーションの好循環を生み出す。

2005年に設立されたクリムゾン・ルーム社は、設立当初からこの領域に重きを置いたビジネスを展開しており、来店や購買に結び付ける同社の各種ソリューション施策は、顧客から高い評価を得ている。

電通グループはこれまで、南アフリカにおいてはCarat(カラ)、Vizeum(ビジウム)、Isobar(アイソバー)、iProspect(アイプロスペクト)、Posterscope(ポスタースコープ)のブランド各社を通してマス、デジタル、OOH(屋外)などの広告コミュニケーション・サービスを提供してきた。今回の買収により、新たにエクスペリエンシャル・マーケティングやプロモーション、PR領域のサービスが加わるため、グループとしてフルサービスを提供していくことが可能になる。なお、今後は、クリムゾン・ルーム社をOOH広告を専門的に取り扱うPosterscopeに統合させた上で、電通グループが世界展開しているエクスペリエンシャル・マーケティングの専門ブランド「psLIVE(ピーエスライブ)」の南アフリカ拠点として機能させていく予定。

【クリムゾン・ルーム社の概要】
社  名     :Crimson Room Communications Proprietary Limited
本社所在地  :南アフリカ・ヨハネスブルク市
設  立     :2005年8月(2014年5月に現在の社名に改称)
株主構成    :・電通イージス・ネットワーク  60%(取得後)
           ・クリムゾン・ルーム社経営幹部 40%
売上総利益   :約1.8億円(2013年12月期)
代 表 者        :Philippa Viljoen (創業者兼クリエーティブ責任者)
従業員数       :14名
事業内容       :エクスペリエンシャル・マーケティング事業

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0815-003801.html

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ