映画「ローマの休日」公開日を

「ジェラートの日」に制定

日本ジェラート協会は、8月27日を「ジェラートの日」に制定し、前日の26日に東京・中央区の時事通信ホールで記念イベントを行った。
同協会の酒井隆会長は「映画『ローマの休日』が1953年に米国で初公開された日にちなみ8月27日を『ジェラートの日』に制定した。家族や恋人、友人など大切な人といつもより少しぜいたくで特別なジェラートを食べてほしい」とあいさつした。
「ローマの休日」は、オードリー・ヘップバーン扮する某国王女が、訪問先のローマで巻き起こす事件と新聞記者とのラブストーリーを描いた作品で、劇中で王女がジェラートを食べる場面が印象的だ。

 

会場には、ゲストでファッションモデルの道端アンジェリカさんが、映画が公開された年代を意識したドレス姿で登場。王女のような道端さんは、一日ジェラート大使として「お姫様ジェラート大使」に任命され、証書が授与された。任命証の名前が“道端アンジェラート”になっているのを見つけると「とてもかわいくて気に入った。明日はジェラートを食べて幸せな気分になってほしい」とPRに努めた。

          

ステージでは、同協会の下で活動しているジェラート職人の3人がこの日の道端さんだけのために開発したオリジナルジェラートが披露された。道端さんは“お姫様気分になれる創作ジェラート”のコンセプトで作られた3品を試食し、それぞれ特徴のある味を絶賛。さらに、イケメン執事にジェラートを口に運んでもらいご満悦の様子だった。

協会では、ジェラートの情報を発信するサイト「チャオ!ジェラート」(ciaogelato.jp)を公開している。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ