ファッションブランド「ラルフ ローレン」 

新レーベル「ポロ ウィメン」をローンチ

ラルフ ローレンは9月、新レーベル「ポロ ウィメン」をローンチした。「ポロ ラルフ ローレン」はスポーティーでモダンなメンズブランドとして既に人気だが、ラルフ・ローレン氏自ら、現代を生きる女性のために満を持して発表した。オールアメリカンスタイルからロマンチックボヘミアンまで幅広いアイテムで構成される。25~35歳の女性をターゲットにワールドワイドで展開される。ローレン氏は立ち上げに当たり「メンズのポロは、われわれのブランドのフラッグシップだ。そのブランドのエッセンスを、今こそ新しい世代の女性に提供する時だと思った」と語った。

 

広告ビジュアルは、世界的写真家のブルース・ウェーバー氏が撮影。
日本では、9月4日付の読売新聞に全ページカラー広告を掲載。また、女性ファッション誌への広告掲載の他、都営大江戸線・六本木駅のホームビジョン(9月8~14日)や、西日本鉄道・福岡(天神)駅のフラッグをメーンにした“ステーションジャック”(9月17~23日)、阪急電鉄・梅田駅中央コンコースの大型内照式円柱広告・ルミポール(9月29日~10月5日)など屋外広告への掲出を実施し、ブランドの誕生を告知する。

 

ニューヨークでは、ポロブランドとして初のフラッグシップストアを5番街にオープンさせた。世界的にも人気の高いショッピングエリアに総フロア面積3255平方メートルを誇り、ポロ ウィメンとメンズコレクションを扱う。

YOMIURI ONLINE(www.yomiuri.co.jp/adv/polo/)では、ニューヨーク店のオープニングを祝うセントラルパークでのイベントの様子が視聴できる。

ブランド公式サイト:www.ralphlauren.co.jp/women/polo

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ