「日本雑誌広告賞」決まる

日本雑誌広告協会は9月17日、第57回「日本雑誌広告賞」(後援=経済産業省)の審査結果を発表した。最高賞の経済産業大臣賞は、パナソニックの携帯用おしり洗浄器「ハンディトワレ スリム」。受賞数など顕著な実績を示した広告主に贈られる総合賞にも、パナソニックが決定した。

同協会加盟出版社から提出された4307点をクリエーティブ専門家らによる選考会で321点に絞り、長友啓典委員長(アートディレクター、イラストレーター)、早大の恩藏直人早大商学学術院教授、コピーライターの谷山雅計氏、女優の紺野美沙子氏ら9人の委員が審査。金賞15点、銀賞16点を選出し、入賞作品の中から経産大臣賞1点を決定した。

経産大臣賞のパナソニックの作品は、キャッチコピー「万国拭く覧会。」を中心に配し、縄や竹べら、葉っぱなどビジュアルと共に、さまざまな世界のトイレ文化を紹介している。コピーとデザインのバランスが良く、接触時間を長くする工夫がされていることや多彩な素材をうまくデザインして上品に伝えていることが高く評価された。

金賞は次の通り。

【第1部】

 食品・飲料・医薬品 / キユーピー「キユーピーマヨネーズ」
 コスメティック/ プロクター・アンド・ギャンブル プレステージ「GUCCHI Flora」
 ファッション・ジュエリー / 福助「満足」
 家電・光学機器・自動車関連 / パナソニック「携帯用おしり洗浄器『ハンディトワレ スリム』」=経産大臣賞
 生活・趣味・住宅・エネルギー関連 / 大日本除虫菊「ピンクのキンチョ-ル」
 金融・サービス・情報通信・その他 / 凸版印刷「企業広告」

【第2部タイアップ】

 食品・飲料・医薬品 / 養命酒製造「養命酒」
 コスメティック /  大塚製薬「デコボコアイ」
 ファッション・ジュエリー / ケリングジャパン グッチ ディビジョン「響きあう技」
 家電・光学機器・自動車関連 / トヨタマーケティングジャパン「CLUB GENT」
 生活・趣味・住宅・エネルギー関連 / 大和ハウス工業「住まいの語源楽」
 金融・サービス・情報通信・その他 / 寺田倉庫「minikura」

【第3部シリーズ】

 YKK AP「企業広告」

【第4部マルチプル・特殊加工】

 味の素「祝・和食 世界無形文化遺産登録」

【第5部小スペース】

 劇団東俳「東俳シニアタレント オ-ディション」

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ