「電通インターンシップ2014 アイデアの学校」

広告界のトップランナーに学んだ7日間

8月18~22、30日と9月7日、東京・汐留の電通本社ビルなどを会場に「電通インターンシップ2014 アイデアの学校」が開催されました。7回目を迎えた今年は、A・B・Cの3つのコースに分けて募集が行われ、個性的で熱意ある大学1年生から院生までの54人が学びました。今回のインターン全体のコンセプトメッセージは、「未来をつくる側になろう。―考えまくる、夏の7日間。―」。広告界のトップランナーである講師陣から休む間もなく出される課題に、学生たちがホンキで取り組み続けた様子を、フォトレポートでお送りします。

インターン1

「インターンという枠を超えて、人生でかけがえのない瞬間を過ごすことができたと胸を張って言えます」「これほどまでに自分自身の成長を実感できる機会は今までの私の人生にはありませんでした」「スペシャルツールは全てよかった。家宝にしたい」 「講義を受け、課題をしている中で垣間見られる電通の方々の人の良さや仲間たちの温かみが忘れられないです」 「インターンに参加していなかったら...と考えると少しゾッとします」 など、学生たちからはさまざまな感想が寄せられました。
a※アルファベットは、カリキュラム表に対応しています

■その道のエキスパートが各コースの座長に

Aコース

「その手があったか!」を発見して、世界や未来をいい感じにしたいコース
―コピーライティング&CMプランニング発想法―

  東畑幸多氏(電通CDC シニア・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナー)

講師:東畑幸多氏
電通CDC
シニア・クリエーティブ・ディレクター/CMプランナー

メッセージを表現に落とし込んでいくメソッドを使いながら、「アイデアを考える」ことの苦しさと面白さを学びました。


Bコース

つまらないことを、おもしろく。おもしろいことを、まじめに。
Planning&Concept makingコース

  佐久間崇氏(電通CDC クリエーティブ・ストラテジスト)

講師:佐久間崇氏
電通CDC
クリエーティブ・ストラテジスト

出されたテーマの根幹となる課題を捉え、多方面からアプローチし、人が共感するインサイトを探り出し、一連の「プランニング」を学びました。


Cコース

世の中をアッと驚かす何かを、つくりつづけたい人のコース

  仁藤安久氏)(電通CDC コピーライター/プランナー)

講師:仁藤安久氏
電通CDC コピーライター/プランナー
「広告会社に入りたくない人もウェルカム」とうたったコース。“つくりつづける”ためのメソッドを学びました。

■“アイデア”について徹底的に考えるためのカリキュラム

 

電通インターンシップ2014は、3コース合同の「共通プログラム」とコース別の「専門プログラム」で構成され、濃密なカリキュラムで徹底的にアイデアについて学びます。

▼電通インターンシップ2014カリキュラム(電通インターンシップ2014ホームページより)

※アルファベットは写真に対応しています。

カリキュラム

■スペシャルツールを使いこなして考え抜け!

 
インターン5   写真6

初日にはオリジナルのトートバッグ・ノート・顔写真が印刷された名刺シールのスペシャルツールをプレゼント。参加者を温かく迎えました。
b

 

スペシャルツールとの出合い。オリジナルノートのクオリティーに、「もったいなくて使えない!」の声も。最終日までしっかりと使用し、びっしりと書き込むことになります。
b

■“アイデア”の基礎から学ぶ「共通プログラム」

 

共通プログラムでは講義や合宿を行います。社を代表するクリエーターたちが講師になり、アイデア発想のベースになる考え方から、飛躍の仕方まで、学生に多くの視点と刺激を与えていました。

インターン7   インターン8

言葉の技術』の著者である4CRP磯島拓矢氏から、携わった事例を元に、アイデア発想のための技術を学びました。
c

 

CDC岸勇希氏からは、発想したアイデアで人のココロを動かすための具体的な手法を学ぶ「コミュニケーション・デザイン」について、3時間にも及ぶ講義がありました。
d

インターン9   インターン10

毎年恒例、1泊2日の鎌倉合宿。それぞれがコースで学んできたことを生かし、3コース混合のチームで、限界まで考え続け、プレゼンテーションをします。
e

 

CDC菅野薫氏は、「クリエーティブ・テクノロジストの仕事」として、“今までなかった技術の使い方”とそこから生み出された仕事を解説。学生への熱いメッセージも。
f

■コース別に強みを伸ばす「専門プログラム」

 

コース別に実施された専門プログラムでは、社内外から講師を招き、各コースの強みを伸ばすため、講義や演習を行いました。

◇Aコース

「その手があったか!」を発見して、世界や未来をいい感じにしたいコース
―コピーライティング&CMプランニング発想法―

インターン11   インターン12

CDC澤本嘉光氏による、「CM脳について」。CM作りの型を学び、演習・グループワークを通してCM作りの極意を伝えます。
g

 

ゲストに、谷山広告・コピーライターの谷山雅計氏を招き、コピーの書き方について熱い講義をしてもらいました。
h

インターン13   インターン14

課題に対して講師が一対一で、フィードバックを行います。学生との議論が延々と繰り広げられました。
i

 

左から3CRP栗田雅俊氏、CDC細川美和子氏、田母神龍氏による、学生のプレゼンに対する講評。一人一人に時間をかけてアドバイスをします。
j

◇Bコース

つまらないことを、おもしろく。おもしろいことを、まじめに。
Planning&Concept makingコース

インターン15   インターン16

1CRP小野総一氏による、「プランニング実践編」。プランニングのフェーズを学び、実際にブレストして発想の限界に挑戦します。
k

 

CDC谷昭輝氏による、「世界最大のプランニング」。過去事例を元に、洗練されたプランニング術の極意を伝授します。
l

インターン17   インターン18

左から5CRP蓬田智樹氏、井戸真紀子氏による、学生の個人プレゼンに対する講評。独自の視点から学生にアドバイスをします。
m

 

講師陣が学生からの疑問にとことん付き合うことも、インターンシップの特徴。疑問の一つ一つがプランニングの糧になることを信じて、講師も丁寧に回答します。
n

 ◇Cコース

世の中をアッと驚かす何かを、つくりつづけたい人のコース

インターン19   インターン20

CDC薬師寺肇氏による、「インサイト発見トレーニング」。ライフログからどんな生活者なのか、そのインサイトを探ります。講義の最後には、ログを残した本人が登場するシーンも。
o

 

BCC廣田周作氏からは、「データマーケティング」についての講義。電通が持つ社内システムを用いながら、ターゲットインサイトをさらに深掘りして伝えます。
p

インターン21   インターン22

左からCDC中野華奈氏、土屋泰洋氏による、「ちょっと未来のつくり方講座」。これまで携わってきた事例と共に、プロトタイプから製品化させ、事業化していく方法などを語りました。
q

 

休む間もなく出され続ける課題。CDC仁藤安久氏をはじめとする講師陣に、アイデアを相談できる時間も設けられました。講師からの厳しく的確なアドバイスを、プレゼンテーションに生かします。
r

■最終日!  54通りのアイデアをプレゼンテーション

 

最終日には、「中学生のいじめをなくすためのアイデア」について、一人ずつプレゼンテーションを行いました。

いじめ解消ツールのプロトタイプを制作した行動力ある学生がいたり、 「いじめをすることで、どんなに将来損をするかを、CMで訴求する」「全国で実施する中学生の学力テストにおいて、いじめをモチーフにした問題を出題し、強く意識させる」「いじめを乗り越えた、経験者とのマッチングサービスをつくる」など、それぞれのコースの強みを生かした解決策が出そろいました。

  インターン24
s   t

■事務局から、学生の皆さんへ

 

参加者全員が考え抜くことの苦しさ、悔しさや、そして面白さを存分に味わった7日間。私たち、インターンシップ事務局は、これからも、妥協せず、熱く、夢中で、「アイデアを考える」ことに取り組む皆さんを応援しています。

「未来をつくる側になろう。」 ―来夏は、あなたの参加をお待ちしています。

電通インターンシップ2014  アイデアの学校 ホームページ
http://www.dentsu.co.jp/intern2014/
電通インターンシップ2014  アイデアの学校 フェイスブックページ
https://www.facebook.com/dentsu.internship

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ