電通とANAが共同で提供している『ANA Teleport』をリニューアル。

~日本初、マイルで映画が視聴可能~
~スマートフォンや自宅TVで視聴できるサービスを開始~
~新たな機内での過ごし方を提案~

電通と、全日本空輸(以下、ANA)は、2013年11月より共同で提供しているANAマイレージクラブ会員向けの映像コンテンツに関わるエンタ-テ-メントサービス「ANA Teleport」(※1)をリニューアルし、9月22日より1マイルから映像コンテンツが視聴できる配信システムを導入する。

「ANA Teleport」は「心の旅」をテーマに、ANA厳選の映画やANAオリジナル機内番組、旅や紀行番組などを提供してきたが、これまで映像コンテンツの購入で利用できなかった「マイル」でも視聴できるサービス(最低1マイルから視聴可能)に刷新し、Google社製品「Chromecast」(※2)に対応、自宅のTVでも視聴できるサービスも導入する。

なお、映像コンテンツは、スマートフォンにダウンロードもできるようになるため、場所を選ばずサービスの利用が可能となる。また、今月1日に、国土交通省が定める告示の改正に伴い、電子機器の使用制限が緩和され、電波を発しない状態の電子機器(機内モードへの設定含む)は、離陸・着陸時を含め常時使用可能となった。これにより、地上で「ANA Teleport」アプリからダウンロードした映像コンテンツも、機内で視聴可能となった。

■リニュ-アル日:9月22日
■提供コンテンツ数(ANA厳選の映画やANAオリジナル機内番組、旅や紀行番組など)
総コンテンツ数:646作品(常時新作を追加)※2014年9月22日開始時
1マイル視聴コンテンツ:映画7本/毎月更新(予定)、および ANAオリジナルコンテンツ
■利用方法
(1)スマートフォン
・Google PlayやApp Storeから「ANA Teleport」アプリをダウンロード。
・「Chromecast」は、専用アプリをダウンロード・設定すると、テレビでも視聴できる。
(2)BOX
トップ画面の「動画」もしくは「全て」から検索し、アプリをダウンロード。

※1 「ANA Teleport」は、映画・ドラマ・アニメ・テレビ番組・機内番組と多岐にわたるANA厳選の映像コンテンツを、スマートフォンおよびNTT西日本製品「光BOX+」(スマートテレビ)で視聴できるサービス。通信環境や使用端末が変わっても、自宅・移動時などさまざまなシチュエーションで映像コンテンツを視聴できる。「ANA Teleport」には、電通が推進する国際コンテンツID管理ソリューション「RII」およびマイシアター(※3)のオリジナルDRM(特許:2014-063921)が導入され、コンテンツの視聴期限などの制御を行っている。
※2 「Chromecast」は、スマートフォンで取得した映像をWi-Fiを介して、テレビでの視聴を可能にするデバイス。
※3 マイシアターは、(1)映画情報メディアの企画・開発・運営、(2)ウェブアプリケーションやITシステムの企画・開発、(3)劇場映画配信事業、を行っている。

 

電通ニュースリリース http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/0918-003823.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ