今年もやります! 

クルマとバイクの祭典
「東京モーターフェス 2014」

日本自動車工業会(自工会)は東京モーターショー(TMS)が開催されない今年、10月11~13日に東京臨海副都心・船の科学館駅周辺で「東京モーターフェス 2014」(主催=自工会 共催=臨海副都心まちづくり協議会 後援=東京都)を開催。「ようこそ、クルマとバイクのワンダーランドへ。」をスローガンに、期間中、来場者9万人を目標にしている。

多くの人たちにクルマやバイクに「乗って、触れて、観て」その魅力を感じてもらう大型イベントで、自工会の会員13社に加えメルセデス・ベンツ日本、ビー・エム・ダブリューの海外メーカー2社も出展する。

2012年に行われた「お台場学園祭」を前身に、昨年はTMSと同時期に「お台場モーターフェス with The 43rd TOKYO MOTOR SHOW 2013」が開かれた。

 

9月18日、東京・港区のベルサール御成門駅前で同フェスの記者発表が行われ、自工会の池史彦会長(本田技研会長)は「日頃、ライバル関係にあるメーカー各社が垣根を越えて協力するイベントだ。試乗や同乗など多くの体験プログラムを用意した」とあいさつした。ファン拡大施策検討分科会の田中英穂会長(トヨタマーケティングジャパン)はイベント概要について説明。プロのテクニックとダイナミックな走りが体験できる“シルク・ド・モビ”や、バス・トラックなど普段運転できない大型車両の試乗、最新の安全支援技術を体験できるコーナー、親子でバイク試乗を体験できるコーナーをはじめ、幅広い層に楽しんでもらえる、ワクワク・ドキドキする多彩な体験型コンテンツをそろえたと明かした。

 
   
告知CMのカット
 

ステージには、フェスの告知CMに出演したモデル・タレントの鈴木ちなみさんが登壇。撮影時のオフロード同乗体験も交え「クルマがこんな場所を走れるんだと驚いた。ぜひ家族や友達と遊びに来てほしい」と語った。

   
 
左から 小木誉之副分科会長(ホンダ)、池会長、田中分科会長、笹森洋子副分科会長(日産)
 
 

自工会では、フェス開催によりクルマ・バイクファンの裾野を広げ、自動車産業の振興や日本経済の活性化を目指すとともに、来年開催する第44回「東京モーターショー2015」の盛り上げも図りたい考えだ。

公式サイト:fes.tokyo-motorshow.com/2014/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ