カッシーナ・イクスシー

新聞折り込みと店舗の連動企画実施

インテリアブランドのカッシーナ・イクスシーは8月下旬から、タブロイド判の新聞折り込みエリア広告と店頭イベントとを連動させた企画を実施した。

タブロイド判のエリア広告「AERA STYLE MAGAZINE」(制作=アエラスタイルマガジン編集部)はカラー12ページで、朝日新聞(大阪)8月29日付、日本経済新聞(東京)9月6日付、西日本新聞9月12日付に折り込まれた。

表紙には俳優の柄本明さん一家を起用。中面でも「親子」「受け継がれる価値」をキーワードに、柄本さん一家の他3組の親子がカッシーナの家具があるレストランやバーなどでくつろいだ様子の写真を配し、家族の歴史や日常、家業、親子の絆を紹介。最終面では、折り込みエリアの店舗で行うイベントを告知した。

*紙面は全て朝日新聞折り込み版

 

 
写真館「Studio Cassina ixc.」
 

広告折り込みのタイミングに合わせ、今年の5~9月にリニューアルオープンした大阪店、福岡店では、イベント「写真館『Studio Cassina ixc.』」を実施(各店2~3日間)。カッシーナの家具と一緒のポートレートをプロカメラマンが撮影し、画像を年賀状などに利用してもらおうという企画だ。撮影に当たり、広告の表紙で使用されたものと同一の家具・レイアウト・背景のセットが用意された。

公式サイト:www.cassina-ixc.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ