電通、「スパイクス アジア2014」において「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」ほかを受賞

9月23日から26日、シンガポールで開催された「スパイクス アジア フェスティバル・オブ・クリエ-ティビティ- 2014」(Spikes Asia Festival of Creativity 2014)において、電通は「エージェンシー・オブ・ザ・イヤー」に選ばれた。

また、電通制作の「Sound of Honda / Ayrton Senna 1989」(本田技研工業)がデジタル、フィルム、アウトドア、プロモ&アクティベーションの4部門で、また「Mother Book」(葵鐘会)がデザイン部門で、電通ヤング・アンド・ルビカム株式会社との制作による「Banana Trophy」(ドール)がPR部門で、それぞれグランプリを獲得した。

この他、同社グループは、13部門で金賞13個、銀賞18個、銅賞24個を受賞した。

さらに、すべての部門の受賞内容を通して得た獲得ポイントにおいて、電通グループ(国内)は「ネットワーク・オブ・ザ・イヤー賞」で3位に入るとともに、電通クリエーティブXが制作プロダクションを対象とした「スパイクス・パーム・アワード」の3位に入った。

なお、本フェスティバルには合計4,984作品のエントリー(全18部門)があった。
電通グループの各部門における受賞状況は以下のとおり(数字は受賞数)。

■スパイクス・アジア フェスティバル・オブ・クリエ-ティビティ 2014

ブランデッドコンテンツ&エンターテインメント部門(金賞2)
デザイン部門(グランプリ1、金賞2、銀賞2、銅賞3)
デジタル部門(グランプリ1、金賞3、銀賞2、銅賞3)
フィルム部門(グランプリ1、銀賞1、銅賞4)
フィルム・クラフト部門(銀賞1、銅賞2)
ヘルスケア部門(金賞1、銀賞1、銅賞1)
メディア部門(金賞2、銀賞1、銅賞3)
モバイル部門(銅賞1)
アウトドア部門(グランプリ1、銀賞2、銅賞3)
PR部門(グランプリ1、金賞1、銀賞1、銅賞2)
プロモ&アクティベーション部門(グランプリ1、金賞1、銀賞2、銅賞1)
ラジオ部門(銀賞2)

この他、電通グループのメディアエージェンシーは、グランプリ2個、金賞1個、銀賞4個、銅賞1個を受賞した作品にも関わっている。

※アジア太平洋地域(APAC)における高いクリエーティビティーを讃えるスパイクス アジア フェスティバ 
ル・オブ・クリエーティビティーは、カンヌライオンズ、ドバイ・リンクス、ユーロベストなどのライオン 
ズフェスティバルのオーガナイザーならびにキャンペーン・アジアパシフィック誌を発行するヘイマーケッ
ト・メディア社(Haymarket Media Limited)の協力によって運営されている。
応募作品はAPACで公開されていることが条件で、部門はブランデッドコンテンツ&エンターテインメント、
クリエーティブ・エフェクティブネス、デザイン、デジタル、ダイレクト、フィルム、フィルム・クラフト、
ヘルスケア(新設)、イノベーション(新設)、インテグレーテッド、メディア、モバイル、アウトドア、PR、
プリント、プリント&ポスタークラフト、プロモ&アクティベーション、ラジオの全18部門で構成されてい
る。http://www.spikes.asia/home/

 

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1001-003830.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ