cci、オンラインビデオプロモーション支援サービス「MovieCAMP」の運営を開始

サイバー・コミュニケーションズ(以下cci)は、オンラインビデオ領域におけるコンサルティング、プランニング、クリエーティブ、分析を一括で行うオンラインビデオプロモーション支援サービス「MovieCAMP(ムービーキャンプ)」の運営を開始する。

近年、生活者のオンラインビデオ視聴時間は年々上昇しており、オンラインビデオコンテンツの需要が高まるとともに、広告主のこの領域に対する取組みも多様になってきている。

「MovieCAMP」は、cci が保有している企画やプランニングのノウハウだけではなく、100 人以上の著名人やYouTuber、オンラインビデオクリエーター、ビデオ制作の実績を持つ制作会社などオンラインビデオに積極的に取り組む企業様と提携し、広告主の多様なニーズに一括で応える。本サービスの活用により、従来に比べよりスピーディかつ高品質なオンラインビデオプロモーションの実現が可能となる。

MovieCAMP URL:https://movie-camp.jp/

<サイトイメージ>

cci は、Google 社が運営する動画共有サービス「YouTube」における「YouTube 認定資格プログラム」(※1)の認定資格を取得しており、今後のYouTube プラットフォームのコンサルティング、チャンネル戦略、視聴者数を向上するためのコンテンツ戦略などについては、「YouTube 認定資格プログラム」の認定バッジを取得した専任の担当者が、「MovieCAMP」を介して提供する。

これによりcciは「YouTube 認定資格プログラム」と「Google アナリティクス認定パートナー」(※2)の双方を取得した企業となる。

※1「YouTube 認定資格プログラム」について
YouTube 認定資格(ベータ版)プログラムは、YouTube で持続的にビジネスを運営し、かつ、利用規約やコミュニティガイドラインを含む現行のすべてのポリシーに準拠している優秀パートナーを対象にコンテンツ戦略、ブランディング、著作権管理、 プラットフォームおよび広告収益化の仕組みなどの様々な分野の知識やベストプラクティスを共有する総合的なトレーニングプログラム。プログラムに参加し、最終試験を通過したパートナーにはYouTube 認定資格が付与される。
※2「Google アナリティクス認定パートナー(Google Analytics Certified Partner、以下GACP)」について、GACP はGoogle による審査によって、Google アナリティクスに関する高度な知識と経験や、Web に関する幅広いスキルを持つ企業であることなど、厳格な資格基準を満たした企業だけに付与される認定資格。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ