電通、海外でのソーシャルメディア上の動向を分析・レポートする「電通バズリサーチ® グローバルレポート」の提供を開始

電通は、ホットリンクとiSentia Brandtology Pte Ltd(以下「アイセンティア・ブランドトロジー社」)との共同で、顧客企業に関する海外でのソーシャルメディア上の動向を分析・レポートする「電通バズリサーチ® グローバルレポート」の提供を開始した。

電通は2006年からホットリンク社と共同で、国内におけるソーシャルメディアでの消費者の口コミ情報をリアルタイムに集計・分析するリサーチシステム「電通バズリサーチ®」のサービスを提供しており、マーケティングリサーチの手法として定着している。顧客からはその海外版へのニーズが高まってきており、この度、「電通バズリサーチ® グローバルレポート」というサービスブランド名で提供を開始することにした。対象は、アジア太平洋地域を中心に欧米諸国をも合わせた世界21カ国・地域となる。

本サービスには4つの特徴がある。第一に、事前のコンサルティングにより、目的に合わせた巡回チェックすべき各国サイトの選定が行えること。第二に、当該国でのソーシャルメディア事情、影響力などに関して、顧客の課題に沿った分析を行った上でのレポート作成が可能であること。第三に、各国の事情を理解し、マーケティングに精通したアナリストを通してのレポートを行うこと。第四に、日本語でのレポート提出が可能である。

レポートのアウトプットは、日別件数の推移、ポジティブ・ネガティブ分析、クラスター分析(口コミの話題内容の分類表示)など定量、定性両面となる。

ホットリンク社およびアイセンティア・ブランドトロジー社の概要は下記のとおり。

<ホットリンク社について>

ホットリンク社は、ソーシャル・ビッグデータを分析・加工し、ビジネスへの有効活用を支援するクラウドプラットフォームベンダー。ソーシャル・ビッグデータのリアルタイム検索をはじめ、風評をモニタリングする分析サービス、感情/属性分析エンジンなどを、APIを通してサードパーティー向けに提供している。また、2013年 6月からは金融ビッグデータ分析サービスも提供している。

<アイセンティア・ブランドトロジー社について>

アイセンティア・ブランドトロジー社は、メディアインテリジェンスカンパニーであるiSentiaに属している、アジア太平洋地域におけるソーシャルメディア分析サービスのリーディングカンパニー。15言語をカバレッジし、自社開発の分析エンジンと熟練したアナリストの分析技術を融合させた精度の高いインサイト情報の提供に強みを持つ。数多くの主要多国籍企業およびトップブランドに対してサービスを提供しており、ホットリンク社とは業務提携を行っている。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1003-003835.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ