cci、広告在庫資産運用サービス「Inventory Portfolio Management™(IPM)」の提供を開始

サイバー・コミュニケーションズ(本社:東京都港区、以下cci)は、媒体社の持つ広告在庫資産の運用サービス「Inventory Portfolio Management™(IPM)」の提供を10 月より本格的に開始する。

インターネット広告の変遷に伴い、媒体社の広告在庫資産の収益化の手段が予約型広告(純広告)に加え、運用型広告(アドネットワーク、アドエクスチェンジ、SSP 等)など多様化していることが背景だ。
「Inventory Portfolio Management™(IPM)」とは、cci がこれまで行ってきた純広告の販売代行や自社にて運営しているADJUST、OpenX 等のプラットフォームだけではなく、他社が運営するプラットフォーム(アドネットワーク、アドエクスチェンジ、SSP 等)にも中立的な立場で媒体社の持つ広告在庫資産を最適に分配し、広告収益の最大化を目指すサービス。また、収益最大化の1 つの手段として国内でも注目され始めているプライベート・マーケットプレイス(PMP)領域での広告会社と媒体社の仲介もしていく。

同社はこれまで一部の媒体社で試験的に同サービスを提供してきた事例として、全ての広告在庫資産の運用を委託された生活情報サイトにおいて、前年同月と比較し約180%収益を向上させる実績を上げている。(下記グラフ参照)

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ