1964年東京オリンピック・パラリンピック 

50周年で多彩なイベント開始

日本オリンピック委員会(JOC)は、東京都と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と共同で、1964年東京大会の開催から50周年を迎えるのを機に、10月6~12日を「記念ウィーク」としてさまざまなイベントを展開する。

キーメッセージは「スポーツの力を、未来へ。」。

   
 
左から村田選手、竹田会長、1950~60年代に体操で活躍した小野喬氏、パラリンピアン(水泳)の河合純一氏
 
 
 

初日の6日、東京・千代田区の丸の内オアゾでオープニングセレモニーが行われ、JOCの竹田恆和会長は「イベントを通じて、多くの人にスポーツの素晴らしさ、価値を理解してもらうとともに、50年前を振り返り2020年への思いを膨らませてほしい」とあいさつした。

同所には国立競技場の聖火台と同サイズのレプリカも展示され、ボクシングの村田諒太選手は「聖火が灯った様子を想像すると興奮する。2020年大会ではどんな聖火台になるのか楽しみだ」と話した。その他、1964年大会のポスターやメダルの実物、ユニホーム、当時の新聞紙面などが展示されている(12日まで)。また7~9日には、新旧のオリンピアンが1964年東京大会から現在までのオリンピックの思い出などを語る「アスリートトークショー」を展開する。

 
 
 
 

11日は、東京・駒沢公園で「メモリアルマーチ&メモリアルラン」を実施。1964年大会の開会式をオマージュした一般参加者とオリンピアン・パラリンピアンによる入場行進に続き、ジョギングコースを共に走るイベントだ。

加えて11、12の両日は「スポーツ博覧会・東京2014」(主催=東京都など)が、駒沢公園と東京・立川市の国営昭和記念公園で開催される。オリンピック・パラリンピック種目を体験できるプログラムや、50周年特別企画として両公園をつなぐ32キロメートルのウオーキング、アスリートと芸人のスポーツ対決など多くのプログラムが予定されている。

「50周年記念ウィーク」サイト: http://tokyo1964.jp/
「スポーツ博覧会」サイト: http://www.sports-expo.jp/

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ