ゲスト300人を招き

「電通ガラ 仁川 2014」開催

「アジア競技大会」最終日前日の10月3日夜、現地韓国・仁川の「ジャック・ニクラウス ゴルフクラブ」内のガーデンヴィラで「電通ガラ 仁川 2014」が開催された。

電通は1998年にバンコクで開催された、第13回アジア大会以来、アジア・オリンピック評議会(OCA)のマーケティングエージェントとして日本の協賛企業や放送局のみならず、海外の企業・放送局へのセールスも実施。開催地の組織委員会のサポートやマーケティングプログラムの構築などを行っている。

ガラには、OCAのシェイク・アハマド会長はじめ仁川組織委員会(IAGOC)や、大会スポンサー企業、日本オリンピック委員会(JOC)、放送局などの関係者ら約300人が出席し、電通の石井直社長や役員らがゲストを迎えた。

 
 

石井社長は「仁川大会は電通にとって、OCAと協働した5回目のアジア大会だ。今後も、アジアのスポーツの発展に貢献していきたい」とあいさつ。大会成功について、OCA、IAGOC、スポンサーなどに祝意を示した。アハマド会長は「電通との20年近い良好な関係を大切にし、OCAのグローバル・マーケティングパートナーとして、これからも緊密に連携していく」と応えた。

会場ではジャズやクラシックが演奏される中、寿司や日本酒も振る舞われ、参加者は和やかに歓談の時を過ごした。

写真=フォート・キシモト

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ