1964年東京オリンピック・パラリンピック 50周年

電通がビル文字で祝意

1964年東京オリンピック・パラリンピックの開催から、今年で50周年を迎えたのを記念し、10月6~13日の夜間、電通の東京本社(汐留)ではビル文字の点灯により祝意を表した。

文字は「1964 TOKYOオリンピック50 th」から始まり、10日からは50年前の同日に開会式が行われ大会が始まったことから「祝」の文字を配したものとした。

電通のビル文字は、今年開催された「2014 FIFAワールドカップ ブラジル」の大会期間中も、さまざまなメッセージを発信し注目を浴びた。

   
6~8日   9日   10~13日
 

50周年に当たり、日本オリンピック委員会(JOC)は10月6~12日を「記念ウィーク」とし、東京都と東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と共同で、都内各所でイベントを実施している。

関連記事:1964年東京オリンピック・パラリンピック50周年で多彩なイベント開始

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ