第1回「全国の地方新聞社が選んだ! 47CLUB『こんなのあるんだ! 大賞』」決定

全国の新聞46紙が参加するデジタル・ビジネス・コンソーシアムと、47CLUBは16日、東京・汐留の電通ホールで、第1回「全国地方新聞社が選んだ! 47CLUB『こんなのあるんだ! 大賞』」の最終審査投票会と表彰式を開催した。

栄えある初代大賞には、商品部門・ショップ部門にそれぞれ、福井県・メガネのブリッヂ「世界初! 鼻パッドなしメガネ」と、滋賀県・近江牛専門店「かねきち」が輝いた。

集合写真
大賞・優秀賞の商品・ショップの担当者らと、
47CLUB栗田健一郎社長(前列中央)
 
メガネ
商品部門大賞の福井県・メガネのブリッヂ
「世界初! 鼻パッドなしメガネ」
 

同大賞は、全国の地方新聞社でつくるインターネット通販サイト「47CLUB」が扱う約2万7000点の商品から、消費者が驚くような特色ある商品を全国の新聞社が選び、表彰するもの。

「商品部門」では、全国を北海道・東北、関東、北信越、東海・近畿、中国・四国、九州・沖縄の6ブロックに分けて予選を行い、ブロック代表を選出した。会場でその6商品を優秀賞として表彰するとともに、それぞれの担当者が、プレゼンテーションで商品を紹介。試食や試用の後、全国の新聞社から集まった担当者ら45人が投票して、大賞が決定した。

「ショップ部門」では、同サイトに出店する全国の約1300のショップを審査し、この1年で最も積極的な販売活動を行った5ショップを優秀賞に選定。会場で大賞を発表・表彰した。

会にはアイデアあふれるご当地ものが出そろったのみならず、日本全国から駆け付けた担当者らの地方色と個性にあふれたスピーチが会場を楽しませた。

宮下社長  
宮下社長
 

商品部門の大賞に選ばれた福井県・メガネのブリッヂの「世界初! 鼻パッドなしメガネ」は、従来の鼻パッドに代わり、つるの側面にパッドを取り付け、ほお骨の上で眼鏡を支える仕組みで、フィット性と快適性を追求し開発に10年をかけた。ブリッヂコーポレーションの宮下務社長は「発売して4年ほど、たくさんの人に商品を知ってもらえるよう努力したが、まだまだ浸透していない。今回選ばれたことで一人でも多くの消費者に商品を使っていただいて、喜んでもらえたらと思う」と喜びを語った。

 
谷口社長  
谷口社長
 

ショップ部門大賞の滋賀県・近江牛専門店「かねきち」は大正10年創業の老舗。一頭仕入れにこだわり、47CLUBが提供するさまざまな販路に積極的にチャレンジし実績を積んでいる。かねきちの谷口勝社長は「店舗だけではこれだけの売り上げは難しかった。新聞社や47CLUBにいろいろと教えてもらい、この場に立てた。まさか大賞に選ばれるとは思っていなかった」と感謝と驚きを述べた。

 
ゲストトーク  
左から長倉氏、薬師寺氏、内田氏
 

最後に、オフィス内田の内田勝規会長と阪神阪急阪神百貨店 阪急百貨店販売促進部店内催事担当の薬師寺雅文部長を招いて、47CLUB長倉潤取締役販路拡大本部長とともにゲストトーク「百貨店バイヤ-から見た地方商材の可能性」が繰り広げられ、百貨店ならではの商品やショップの目利きのこつが伝授された。

 

受賞商品・ショップの紹介はこちら(47CLUBサイト内)。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ