第57回「新聞広告の日」記念式典開催

日本新聞協会は10月20日、第57回「新聞広告の日」記念式典を港区の東京プリンスホテルで開いた。広告主企業や広告会社、新聞社などから約620人が参加した。

 
  白石興二郎会長 (読売新聞東京本社社長)
 
白石興二郎会長
(読売新聞東京本社社長)

第34回「新聞広告賞」、2014年度「新聞広告クリエーティブコンテスト」の贈賞式を行った。同協会の白石興二郎会長(読売新聞東京本社社長)は「大賞作品は大きな話題になり、新聞広告の影響力を発揮した。今後一層新聞広告の特性に磨きをかけ、新聞ならではの総合力を生かし、期待に沿いたい」とあいさつ。来賓として全日本広告連盟の大平明理事長(大正製薬相談役)が登壇し、「今回の応募数は425点。固定概念を打破する面白いものが多かった。新聞印刷の技術やクリエーティブの技術も発達している。新聞広告が一層楽しくなることを期待する」と話した。続いて日本広告業協会の髙嶋達佳理事長(電通会長)が「新聞の特長を存分に生かした数多くの作品があった。昨今新聞の高い信頼性が揺らいでいるようだ。新聞社の皆さまには信頼回復に努めていただき、われわれ広告会社は広告価値を高めるよう努力する」と語った。

 
全日本広告連盟の大平明理事長(大正製薬相談役)   日本広告業協会の髙嶋達佳理事長(電通会長)
全日本広告連盟大平明理事長
(大正製薬相談役)
 
日本広告業協会髙嶋達佳理事長
(電通会長)
 
 
集英社堀内丸恵社長  
集英社堀内丸恵社長
 

次に新聞広告賞贈賞式では、9月3日 に発表された広告主部門の広告大賞、広告賞、優秀賞と新聞社企画部門の広告賞、奨励賞が授与された。大賞は、集英社の『ONE PIECE』コミックス3億冊突破キャンペーン「ニッポン縦断!OPJ47クルーズ」で、漫画のキャラクターと47都道府県の名所・特産品を組み合わせ、毎日異なるキャラクターが北海道から順に登場した。同社の堀内丸恵社長は「新聞の読者は出版物にも興味を持っており、最も効果的な広告媒体だ。これからも新聞でしかできない広告に取り組んでいきたい」と受賞の言葉を述べた。中島祥文新聞広告賞審査委員は、「新しい新聞広告の可能性はどこにあるのか、その答えを見事に具現化したのが大賞作品だ」と講評した。

 
  石井啓之氏(日本経済広告社)
 
日本経済広告社石井啓之氏

続いて、「食」をテーマにした新聞広告クリエーティブコンテスト入賞作品6点の贈賞式が行われた。応募作品1254点の中から最優秀賞には日本経済広告社石井啓之氏らの「命の交換」が選ばれた。副田高行審査委員長は「コピーに力強い意志が感じられ、完成度の高い作品」と講評。石井氏は「テーマを真摯に受け止め、ポジティブな表現を目指した。実名が新聞に載ったのは初めてで、反響の大きさに驚いている」と喜びを語った。

詳細は同協会のサイト
www.pressnet.or.jp/adarc/index.html)で閲覧できる。

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ