4社が2014年度「ポーター賞」を受賞

2014年10月29日、一橋大大学院国際企業戦略研究科(東京都千代田区、研究科長:一條和生)は、2014年度ポーター賞の受賞企業を以下の通り決定した。

化粧品情報提供サイトの運営と化粧品販売を行うアイスタイル(本社:東京都港区 代表取締役社長兼CEO:吉松徹郎)、ファッションショッピングサイト「ZOZOTOWN」の運営を行うスタートトゥデイ(本社:千葉県千葉市 代表取締役:前澤友作)、リゾート施設運営を展開する星野リゾート(本社:長野県北佐久郡 代表:星野佳路)、そして、ファスナー製造販売を行うYKKファスニング事業(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:猿丸雅之)の4社(順不同)。

アイスタイルとスタートトゥデイは、オンラインの特性を生かした情報提供により消費者の信頼を醸成してそれぞれ新たな市場を創造したこと、星野リゾートは、マルチタスク手法によって地域に密着したサービスの生産性向上を実現したこと、そしてYKKは、世界71カ国の拠点における地域密着の生産から販売までの一貫体制によりファスナーのグローバル・リーダーの地位を築いたことが、受賞に至るポイントとなった。

PP2014

ポーター賞は、独自性のある優れた戦略を実践し、その結果として高い収益性を達成・維持している企業を表彰するもの。賞の名前は、競争戦略論の第一人者であり、Creating Shared Value(CSV)の提唱者で、長年にわたって日本企業に関心を寄せてきたハーバード・ビジネススクールのマイケル・E・ポーター教授に由来する。2001年に創設されて以降毎年、2段階からなる厳正な審査・選考のうえ、受賞企業を選出してきた。

ポーター賞運営委員会は、2014年度ポーター賞の授賞式を兼ねて、「競争力カンファレンス2014」を以下の通り開催する予定。

 
 

【競争力カンファレンス2014】(参加費無料)
・開催日時:2014年12月2日13時開演
・開催場所: 一橋講堂(東京都千代田区一ツ橋2-1-2)
<プログラム(予定)>
第1部:「競争力とは」
・ポーター教授(ハーバード・ビジネススクール)からのビデオメッセージ
・竹内弘高教授(ハーバード・ビジネススクール)の講演
・楠木建教授(一橋大大学院)による2014年度ポーター賞受賞企業へのインタビュー
第2部:「日本発CSV最前線」
・CSVに取り組む企業代表と名和高司教授(一橋大大学院)によるディスカッション

 

◎ポーター賞に関する詳細は、ポーター賞ウェブサイトにて
http://www.porterprize.org/

◎競争力カンファレンス2014への参加申込は、申込専用サイトから(先着50人招待)
※受付期間外

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ