「オレ、これからちゃんとする」「年賀状も書くっ!」 

澤部さんが波瑠さんに約束

日本郵便は10月30日、「2015年用お年玉付年賀はがき 販売開始セレモニー」を東京・千代田区のJPタワーで開催した。

冒頭、髙橋亨社長は「年賀状は昭和24年に販売を開始し、今年で65年の歴史がある。これまでもさまざまな工夫を重ねてきたが、近年の個性的な使い方に対応し多様なシステムや楽しみ方を提供していく」とあいさつした。今回は、年賀状づくりをサポートするサイト「郵便年賀.jp」に加え、同社初AR(拡張現実)機能付の「ハローキティ年賀」発売や、「LINE」と提携した新サービスの開始、スマートフォン上で年賀状作成から投かんまで可能なアプリの提供など、時流に沿ったサービス・サポートを用意した。2015年用年賀はがきの当初発行枚数は、約32億枚を予定している。

 
 
 
 

ステージには、イメージキャラクターに起用されたお笑いコンビ・ハライチの澤部佑さんと、女優の波瑠さんが登壇し、年賀状にまつわる思い出を披露した。今年について波瑠さんは「日頃から付き合いのある親しい友人にあえて送ってみたい」、澤部さんは「相方に、普段言えないことを書いて送ってみようか」など計画を明かした。また、「年賀状はすてきな習慣だ。皆さんも多くの人とやりとりして絆を深めてほしい」、「世話になった方の顔を浮かべながら、楽しく年賀状を書いてほしい」と語った。

二人が共演するテレビCM「ちゃんと年賀状・その1(決意)」編は同日から放送を開始した。アパートの一室で、プロポーズにOKの返事をする波瑠さん。突然のことに感極まった澤部さんは「オレ、これからちゃんとする」と決意宣言。そして、テレビで年賀はがき販売開始のニュースを見た澤部さんは、続けて「年賀状も書くっ!」「ちゃんと書くっ!」と、またも決意を表す。若いカップルの微笑ましいやりとりが印象的なCMとなった。キャッチコピーは「ちゃんと、年賀状。ちゃんと、大人。」。続編が待たれる。

郵便年賀.jp: http://yubin-nenga.jp/index.html

 

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ