電通グループ、世界経済フォーラム(WEF)にストラテジック・パートナーとして参画

電通は11月1日から、電通傘下の電通イージス・ネットワークとともに、世界経済フォーラム(以下「WEF」)にストラテジック・パートナーとして参画した。

WEFは、1971年にスイスの経済学者クラウス・シュワブ氏によって設立され、ビジネス、政治、経済、学界をはじめとする多様な分野のリーダーたちが協力し合い、グローバル、地域、そして産業などさまざまな課題について議論し、その解決に取り組んでいる非営利の国際機関。毎年1月下旬に行われる年次総会は「ダボス会議」としてよく知られている。

ストラテジック・パートナーはグローバル企業を中心に約100社で構成され、WEFで議論されるさまざまな課題の解決をサポートする役割を担っている。電通グループは、コミュニケーションの観点から、WEFがミッションとしている世界の現状の改善に貢献していく。 

日系企業では既に数社がストラテジック・パートナーとして参画しているが、情報・通信・広告・メディア業界からは同社が初めてとなる。

電通ニュースリリース
http://www.dentsu.co.jp/news/release/2014/1104-003856.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ