民間放送全国大会で「正確で迅速な情報、豊かで良質なコンテンツ届けることが使命」と宣言

日本民間放送連盟(民放連)は11月5日、第62回「民間放送全国大会」を東京・港区のグランドプリンスホテル新高輪で開いた。大会式典、記念講演、テレビ・ラジオに関する二つのシンポジウムの他、企画展示などが行われた。

大会式典では、井上弘会長(TBSテレビ会長)があいさつに立った。大きな災害が多かった1年を振り返り、「災害時において的確な情報を発信できるよう、ライフラインとしての使命を果たすため努力を続けていかなければならない」と決意を表明。放送メディアを取り巻く環境が大きく変化する中、民放のメディア価値向上に向けた検討の推進、インターネット上の違法動画対策、ラジオの魅力のさらなる理解促進、放送技術の進化への対応などの取り組みに意欲を示した。

 

安倍晋三首相のビデオメッセージ、高市早苗総務相、NHKの籾井勝人会長の祝辞に続いて、髙橋雄一民放大会委員長(テレビ東京社長)が登壇し、「放送を取り巻く環境は、情報通信技術の進展とともに変化し続けている。われわれ民間放送は将来に向けたサービスの高度化に常に挑戦し続ける。これまで培ってきた視聴者・聴取者との信頼関係をより強固なものとすべく、正確で迅速な情報、豊かで良質なコンテンツを届けることを最も大切な使命と考え、その実践をここに誓う」との大会宣言を読み上げ、採択された。

 

日本民間放送連盟賞の表彰式に続いて、第10回「日本放送文化大賞」が発表された。テレビ部門のグランプリに中京テレビ放送 「NNNドキュメント'14 マザーズ~特別養子縁組と真実告知」、準グランプリに長崎放送 「人間神様」、ラジオ部門のグランプリに中国放送 「ラブ&ピース!お好み焼き」 、準グランプリにエフエム東京 「TOKYO FM 特別番組『これからを見つめて LOVE & HOPE ~3年目の春だより~』」が選ばれた。

 

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ