「買わんでええから見に来てや」

伊丹市で若手クリエーターによるポスター展開催中

兵庫県の阪急伊丹駅周辺西台地区の店舗を中心に「伊丹西台ポスター展」(主催=伊丹西台商店会、リータ商店会、伊丹市)が開かれている(2015年3月1日まで)。「買わんでええから見に来てや」のキャッチフレーズで、地域再生のために電通グループの若手クリエーターが各店舗のPRポスターを制作し、地域への集客と店舗の魅力アピールを図るこの取り組みは、大阪の新世界市場(12年)、文の里商店街(13年)に続いて3回目となる。

ポスターは西台地区という町全体に約180枚貼られており、マップは阪急伊丹駅まちづくりプラザやJR伊丹駅観光物産協会、ポスター展参加36店舗に設置。スタンプラリーや、ポスター総選挙(12月6日~)なども実施し、盛り上げを図っていく。

西台は阪神・淡路大震災で大きな被害を受けており、震災から20年となる15年1月17日には「西台復活祭」と銘打ってイベントを展開する。

 

ユーモアあふれる若手クリエーターの力作が町のあちこちに。スタンプラリーで全店舗のスタンプを集めると、ポスター展全集(冊子)か、各店舗の「お得なサービス」「おもしろいサービス」を受けることができる。

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ