「2014ミス・インターナショナル」

21歳の学生 プエルトリコ代表に決まる

「2014ミス・インターナショナル世界大会」(主催=国際文化協会)が11月11日、東京・品川のグランドプリンスホテル新高輪で開催され、プエルトリコ代表のバレリー・エルナンデス・マティアスさんが2014 ミス・インターナショナルに決定した。

大会には、各国・地域の73人の代表が参加。民族衣装や水着、ドレス審査を経て、ファイナリスト10人を選出した後、スピーチ審査によりバレリーさんが2014 ミス・インターナショナルに選ばれた。バレリーさんは「ミスの受賞はプエルトリコとして2度目だ。この国際的なタイトルを使い、必要としてくれる人のために奉仕していきたい」と喜びを語った。バレリーさんは今後、国際親善や世界平和のためにチャリティー活動などを行う。

同2位にはコロンビア代表のスレイカ・スアレスさん、3位にはタイ代表のプニカ・クルソントルンラットさん、4位はイギリス代表・ヴィクトリア・シャルロット・トービーさん、5位はフィンランド代表・ミラ・ロンパネンさんに決まった。日本代表の本郷李來さんは、残念ながらファイナリストに残れなかった。

左からイギリス代表、コロンビア代表、バレリーさん、タイ代表、フィンランド代表
左からイギリス代表、コロンビア代表、バレリーさん、タイ代表、フィンランド代表

 

公式サイト:http://miss-international.org/jp/

関連記事:
「2015 ミス・インターナショナル日本代表」に18歳の大学生が決定![2014.11.07]
“美と平和の親善大使”74人が民族衣装で登場[2014.11.06]

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ