伊集院、井川、工藤さんが受賞

「ウイスキーヒルズアワード2014」

今年で6回目となる「ウイスキーヒルズアワード2014」授賞式が11月18日、港区のグランド ハイアット 東京で行われた。サントリー酒類により発足された同アワード実行委員会が主催。ウイスキーの持つ奥深い価値と幅広い楽しみを多くの人に知ってもらい、ウイスキー文化の発展を目指すことを目的にしている。ある特定のジャンルで長く第一線で活躍し、その実績が幅広く認められている著名人に贈られる「ウイスキーマスター」には作家の伊集院静さんが選ばれた。また、自身の世界観を創るため、日々努力を惜しまない姿勢がウイスキー独自の価値観と通じ、新しいイメージリーダーにふさわしい「ウイスキーラヴァー」には、女優の井川遥さんと野球解説者・評論家の工藤公康さんが選ばれた。

 
 

3人はドレスアップした姿に、バカラのデカンタにアワードのロゴが刻まれた特製トロフィーを手に登壇。受賞を祝い、世界的なウイスキーガイドブック『ジム・マレー ウイスキー・バイブル 2015』で、“世界一のウイスキー”に選出された「山崎シェリーカスク 2013」で乾杯した。

伊集院さんは「(受賞するのが)遅かった感じ。でもうれしい」と会場を沸かせ「人生には、ウイスキーがなかったら大変だったと思うことがたくさんあった。僕にとっての“女神”だ」と語った。井川さんは「ウイスキーを飲むのは、リラックスできる大切な時間。ウイスキーを一言で例えると“和み”です」、工藤さんは「世界のトップになったウイスキーにあやかり、チームが日本一になるようがんばる。僕にとってウイスキーとは“極み”だ」と話した。

 
 

3人は六本木ヒルズの66プラザで行われた「ウイスキーヒルズ2014 イルミネーション点灯乾杯式」に出席。乾杯とともに華麗なクリスマスツリーに明かりがともされた。

イベント「ウイスキーヒルズ2014」(主催=サントリー酒類 特別協力=六本木ヒルズ)では11月18日~12月25日、ウイスキーに関するさまざまな企画を展開する。

「ワールドウイスキー&イルミネーション」(66プラザ)では、ツリーを見ながら世界の5大ウイスキーが味わえる販売ブースを設置。「ワールド ウイスキーバー」(ヒルズカフェ/スペース)ではウイスキーの飲み比べセットやオリジナルフードを提供。また、六本木ヒルズのキャンペーン参加飲食店では、1杯目のウイスキーが100円になるサービスなども実施される。

「ウイスキーヒルズ2014」サイト: http://whiskyhills.jp/top.html

関連記事

続きを見る
ページ先頭へ